スパコンが買える街、秋葉原


何もしないで3連休が終わってしまいました>挨拶

やることと行ったら、床屋に髪を切りに行ったり、本を電子書籍化したり、
ポケモンしたり、ポケモンしたり、ポケモンしたり…

学習装置を手に入れた時は、一気に経験値分配が楽になると喜んだものですが。
現在、ライモンシティで一休み。
二日で8時間もやると疲れますね、さすがに

将棋の(女流)プロ棋士、将棋ソフトに負ける…コンピューターがプロ棋士を破るのは初

チェスで世界チャンピオンがディープ・ブルーに負けたのを思い出した

あの時はまだ将棋はチェスと違って取った駒を使えるというルールの複雑性から、
まだ人間に勝つのは難しいと言われていたけど、13年でここまで進化したのか。

それにしてもディープ・ブルーってRS/6000ベースのAIXの言語で動いていたのね。
全く知らなかったよ。

ちなみに今回買ったあから2010のスペック。

* 情報処理学会の「トッププロ棋士に勝つ将棋プロジェクト」特製システム
* 阿伽羅(あから)は10の224乗という数を表し、将棋の局面の数がこの数に近いことに因んで命名された

* ハードウエア部
-東京大学クラスターマシン:
 -Intel Xeon 2.80GHz, 4 cores 109台
 -Intel Xeon 2.40GHz, 4 cores 60台
             合計 169台 676 cores
-バックアップマシン:4プログラムそれぞれについて1台ずつ
 -CPU: Xeon W3680 3.33GHz 6cores
 -Memory: 24GB (DDR3 UMB ECC 4GBx6)

死ぬほどハイスペックです、本当にありがとうございました

3秒くらいの計算で私の一生分の頭脳の働きをしてくれそうです、多分

とりあえず秋葉原行けば買えるぐらいのCPUではありますが。
(高価だし、数は調達不可能だろうし、CPU以外は不明だけど)
それにしてもスパコンですら調達可能な街、秋葉原。
相変わらず魔窟です。

Linuxが搭載可能な頃のPS3なら、
ゲーム屋でもスパコンが買えたと言えたのですが、
今はLinux載せられないしなぁ…。


スパコンが買える街、秋葉原” に対して2件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >何もしないで3連休が終わってしまいました>挨拶
    三連休中ず~っと仕事で、明日(というか今日)ようやっと休みです。
    …さて、ジャポネで理事長食うか(ぉ)

    >将棋の(女流)プロ棋士、将棋ソフトに負ける…コンピューターがプロ棋士を破るのは初
    かわぐちかいじの「ジパング」で、草加拓海が
    人間対機械のチェスや将棋について語っていましたね。
    その頃(ジパング連載時)はまだ将棋は人間が優っていましたが、
    とうとう将棋も機械に追いつかれてしまいましたか…。

    >チェスで世界チャンピオンがディープ・ブルーに負けたのを思い出した
    一瞬、チェスの世界チャンピオンが鮫に負けたのかと思いました(←『ディープ・ブルー』違い)。
    死亡フラグが立ちそうで立たなかったりその逆だったり、色々と読めない映画でしたね。

    >それにしてもスパコンですら調達可能な街、秋葉原。
    >相変わらず魔窟です。
    ツ○モに行きゃロボットすら買えますもんねー。
    そのうちテム・レイの回路とか売り出すやもしれぬ(ぉ)

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    食べ過ぎに注意して下さいw

    でも本当にコンピューターの進化はすごいですね。
    1個あたりの性能の上昇が限界に来ていると判断したら、
    複数のコンピューターで性能引き上げていますし。

    プログラムもエヴァのマギシステムみたいに4つのプログラムで多数決で結論を出すというチートまがいですし。
    それ事実上4人みたいなものなのでは…(理系として言ってはいけない気がするけど)

    映画のディープ・ブルーはまさかコックが生き残るとは思いませんでした。
    散々死亡フラグみたいなものがあったのに。

    テム・レイの回路…。自称せいのうが3倍になるんですね!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four × 4 =