タ~ジャ~ドル~


\タカ!/\クジャク!/\コンドル!/

タ~ジャ~ドル~>挨拶

そんなわけで、今週の「仮面ライダーオーズ」は
前回の次回予告で思いっきりネタバレになっていましたが
タジャドルコンボのテレビ初登場の回でした。

現時点では最強フォームなだけに、扱いが気になっていましたが、
ガタキリバ、ラトラータ、サゴーゾ以上のかっこよさに満足。
劇場版の方が登場は早かったのですが、
なんていうか、劇場版は登場が唐突だったので…ねぇ…。
でもサイクロンジョーカーゴールドエクストリームもかっこよかったし、
あれはあれでありなのかも。
元々、冬の仮面ライダーの映画って、よくも悪くもごった煮だしね。

そういや、日朝で退場したメズールさんが、日5の方で活躍していましたね。
…、中の人が同じなだけですか、そうですか…。

『仮面ライダーOOO』#20で、タジャドルコンボ本編初登場でライオンクラゲヤミーを撃破

強化フォーム(ジャックフォーム)
全身赤
クジャク(ピーコックアンデット)

(0M0)ヤハリソウイウコトカ

なんて思った人は「仮面ライダー剣」好き。
ガンバライドでもギャレンが活躍しているし、
橘さん再評価ですね!
元々ネタ要素では散々評価されていた気がするけど。

W(ダブル)のファングジョーカーのように、もっと強い強化フォームが出るだろうけど、
タジャドルコンボ活躍して欲しいなぁ。
剣の時のギャレンのジャックフォームはあんまり活躍しなかったけど…。

「ガンダムのパクリ」として撤去された中国の偽ガンダム、バージョンアップして再登場

中国の新しいモビルファイター

中国の代表はすっかりドラゴンガンダムだと思っていたのですが、
実はこれが本当の中国代表だったとは!

なんとも言えない安っぽさがステキ

これ、オリジナルって言えるのかしら?
全身金色が、チャイナのセンスの無さを表している気がしますw

一瞬、ボルトガンダムにも見えたんだけど、
肩がデカイのを勘違いしたんだろうか…?

サッカーで流れたJAMの歌

JAM Projectの「Victory」が流れていたことについての経緯

正直、予想すらしていなかったので、準決勝の韓国戦の後、
スタジアムで流れる「Victory」が流れて、「なんで?」と思い、
決勝戦のオーストラリア戦で勝利した後も流れて、「また?」と思ったのですが、
こういう経緯があったとは。
音楽のことは詳しくないので分からないのですが、
歌詞が分からなくても、曲調が熱いのがウケたのでしょうか。
遠い地であるカタールで流れる「Victory」はなんとも不思議な感覚でした。

そういえば、テレ朝のアジアカップの中継では、
CM入りの時の曲が戦国BASARA弐」のBGMでしたね。
気づいたのは私だけではないと思うw


タ~ジャ~ドル~” に対して2件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >なんとも言えない安っぽさがステキ

    さすが「先行者」を作った国だけのことはありまさぁねw
    この闇鍋感はどっかの目立ちたがり屋の基地外にひけを取らないのですが、
    こっちは動きもしなければ喋りもしませんから、
    人畜無害で笑えるという点ではよほど優秀ですな。
    キワモノとしての完成度も極めて高いし。

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    「先行者」とは懐かしい。
    中華キャノンのどれくらいのものなんでしょうねw
    確かに例のキチガイに比べたら動かないし、しゃべらない分、
    人畜無害ですねw

    さすがにGガンのMFに比べると、デザイン的にはアレですが、
    もう少し頑張れば先行者並みのネタ要員として残れる気がしますw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen − 13 =