ドクターペッパーは杏仁豆腐のスープに炭酸を混ぜた味


あ、灰村キヨタカって夏コミ落選していたのね>挨拶

画集を出すためとはいえ、COMIC1で欠席していたし、
最近のコミケでも既刊の『とある魔術のインデックちゅ』を出すだけだったもんなぁ。
さすがに落選してもおかしくなかったかも。
同人にかまけて、本業がおろそかになるよりはずっといいと思いますが…。

ここはどこぞのCOMIC1はなんの予告もなしに欠席。
コミケでは開場時間に来ない。午後にようやく来たと思ったら、
コピー誌をわずかに配布して終了している某壁サークルも落としたら因果応報というか。

…、万が一、島中のサークルに委託されたら大変なことになりますが

そう考えたら、万が一に備えて壁に配置しておくのが無難なのかなぁと思ったり。
でも落ちたら何も作りそうもないのよね、ヒラコー(マテ

なんかコミケのヒラコーを見ていると、
週刊少年ジャンプにおける冨樫を連想してしまい、切なくなる今日この頃です。

いや、しっかり休載せず連載している漫画家よりも、
休載ばかりの冨樫の方が人気があるのと似ているなぁと思ったもので。
普通、冨樫レベルで休載していたら切られるだろ…

シュタインズ・ゲート同人誌即売会「秋葉原シュタゲ祭り」 IBM5100の実機も

私も行ったのですが、個人的に一番の収穫はIBM5100でした。

しかも展示しているだけでなく、実機に触ることができたので、
思わずキーボードを叩いてみたのですが、最近のメンブレンキーボードとは違い、
打つ度にカチカチ音がする昔ながらのメカニカルキーボードで、
打っていて非常に気持ちがよかったです

そのカチカチがうるさいという意見もあるのですが…。
もっぱら、深夜にキーボードを打つことが多い私がメンブレンで良かったと思う。
東プレのRealforceなので、宝の持ち腐れになっていますが
(高いキーボードを使えば、良い文章を書けるかもと思った)

それにしても、IBM5100って当時にしては相当な小型PCだったのですね。
初めて触ったPCがSE/30なので、十分でかいと思っていました。

X68000といい、歴史に残るPCってのはやっぱりいいものです。
SE/30も未だに父が大事にしていますが、素晴らしいマシンです。
IBM5100もその一つなのかなぁ…。

シュタゲ祭りの帰りにドクターペッパーを買いました。

マズ…くない?
あれでしょうか。マッドサイエンティストにでも目覚めたのでしょうかw


ドクターペッパーは杏仁豆腐のスープに炭酸を混ぜた味” に対して3件のコメントがあります。

  1. がらぱごすの太陽 より:

    表題のドクぺの味の表現に納得してしまいましたw
    僕はシュタゲに触れる前は有ったら買う程度のライトなドクぺフリークだったのですが。
    オカリンが好きと知った途端、ほぼ毎日飲んでますw
    あの得体のしれない味と名前が「イケナイお薬を混ぜていますよ」「飲むと元気になれますよ」と囁いてる様で病み付きに…w

  2. どろっくす より:

    >…、万が一、島中のサークルに委託されたら大変なことになりますが

    サークル自体は配置担当のスタッフさんの調べが入るでしょうが、
    委託の場合はそうもいかないですからねぇ…。
    やったサークル側もKYだとして評価を落とすおそれもありますし。
    委託が一件だけなら、噂に聞く「Kanon島動脈硬化事件」みたいなことにはならないでしょうけど…。

    >いや、しっかり休載せず連載している漫画家よりも、
    >休載ばかりの冨樫の方が人気があるのと似ているなぁと思ったもので。

    タダどころかハガキ代でマイナスになっているだろうに、
    ほぼ毎月のように多くの雑誌に投稿している某M峯氏を見習えと小一時間(汗)
    漫画とイラストじゃかかる労力は段違いでしょうけど、氏の場合、
    投稿数からして毎月一本漫画描いてるのとあんまり大差無いんじゃなかろーか…。

    >ドクターペッパー

    コーラや強炭酸飲料が嫌いなのでドッペも飲んだことが無いのですが、
    「クスリ味」「ルートビアといい勝負」「ハマる人はハマり、嫌いな人は二度と飲まない」
    …などなど、噂はかねがね聞いております。

    原料は非公開だそうですが、やはり胡椒が入っているのでしょうかね?

  3. s-diy より:

    >がらぱごすの太陽さん

    ネットではよく言われている組み合わせですねー>ドクぺの味
    私は昔は苦手で秋葉原で他の街にないくらい売っているのを見て、
    頭おかしいんじゃね?と思っていたものですが、この前は普通に飲めました。
    味覚が変わったのか、疲れていたのか…。

    >どろっくすさん

    委託の読めない怖さってのはありますねー。
    サークルが落ちても、新刊出そうとする姿勢はすごいとは思うのですが…。

    三峯徹氏はイラスト作成には5~6時間をかける。ただし描くのは1時間くらい。
    とのことなので、毎月一本の漫画と大差ないかもしれませんね。
    ていうか、冨樫仕事しろw

    ドクターペッパーは大半が強烈なアンチで、とても売れそうもないけど、
    一部の強烈なファンによって買い支えられているというブツですねー。
    流通の人はとても取扱い難そうですw
    しかし、原料は非公開って…。
    ハッピーターンみたいにヤバいブツでも入っているのでしょうかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × 1 =