冬コミに持っていくもの2018


頭痛で吐き気が……>挨拶

とっととバファリン飲んで寝ろですか、そうですか……。

さて、冬コミまで1週間を切りました。
クリスマスイブネタにしようかと思っていたのですが、
さすがに準備期間もヘッタクレもないことに気づきましたので、
23日という中途半端な日にコミケの準備について更新しようと思います。

そしてメモ代わりではありますが、
冬コミに持っていくものについて、つらつらと書き連ねていこうと思います。
あくまでも私独自の研究ではありますが、役に立てば幸いです。
そもそも一般参加者向けだよね、これ……。

~当日の服装と靴~

・暑さ寒さの調整がし易い服装
一般待機列やシャッター前サークルの列など、外で待っている時は寒いです。
一方で屋内では暑いと感じてしまうこともザラなのが冬コミ。
その為、しっかりとした防寒対策をした服装は大事ですが、
暑いと感じた時には、適度に調節出来るような服装がオススメです。

・スニーカーのような歩きやすく、履き慣れている靴
ヒールのようなわざわざ歩きにくい靴。
そんな靴でコミケに来る酔狂な人もいないでしょうが。
履き慣れていないと靴ずれを起こす可能性があります。
1番大切なのは、コミケを無事に終えることが出来ること。
古事記にもそう書かれている

~当日必要なもの~

・両替したお金
企業ブース以外では1万円札と5千円札の使用は避ける。
以前、コミケ直前はお金を下ろそうとしたのですが、
銀行で最後尾札を持つことがありました
年末年始は銀行が使えない場合があるからね、仕方ないね♂

一歩先に冬コミ気分を味わいたくなければ、早めにお金は下ろす。
また、1万円札と5千円札を使用をさける為に両替推奨。
(銀行によっては営業時間内に1日1回だけ無料で両替出来ます)

・Suica(IC乗車券)
国際展示場駅の改札はSuica対応。
現在は全国の主要なIC乗車券にも対応
そして切符を買う手間を考えれば、使わない手はありません。
ただし、しっかりチャージしておかないと改札で出られなくなるので注意

・携帯電話(スマホ)
最近は携帯電がつながるようになった昨今のコミケ。
昔は本当につながらなかったんですよ……。

・冊子版カタログ(分解済み)
※冊子版カタログを買った人のみ
現地でのサークルチェックのお供に。
そして唯一持ち込み可能な凶器

現地では冊子版の方が電気が要らない分、現地では便利だと思います。
そして、分解するとさらに楽になるので、日にちごとに分解もあり。
Webカタログでもいいかもしれませんが、歩きスマホは危険。
さらに歩きタブレットは(ry

・サークルリスト
地図なしでダンジョンが攻略できないように、
宝の地図が無ければコミケ会場というロンダルキアへの洞窟を回り切れません。
冊子版の地図がそれぞれ二日間分しかないのが辛いところ。
DVD-ROM版は、サークルチェックで悩んでしまうと
いつも宝の地図を印刷するのはギリギリになってしまうのですが…。

そして、会場で落ちている宝の地図を見かけると切ない

・飲み物
冬でも水分補給は大事です。
しかし、待機列では動かないと身体が冷える。
そしてトイレが近くなるので、多すぎず少なすぎずが理想。
あとカフェイン多めの飲み物も利尿作用があるので注意。

・食べ物
体調管理の一環として。
個人的には腹にたまらないおにぎりか、サンドウィッチ。
お昼が遅くなるなら、軽い昼飯にウィダーinゼリーなんて手も。
現地で食べるならコンビニやマックなんていう手もありますが、
混むので個人的には地元のコンビニで調達したいところ。

近場の人はホテルや家で食べてくるのもあり。
コミケはクリスタルタワーと闇の世界並みの長期戦
エネルギー補給は大事です。
デバック段階で闇の世界のセーブポイント無くしたってマジなんだろうか

・ホッカイロ
※個人的には必須
腰、足の裏あたりに貼るのがオススメ。
意外に暖かい日は必要ない。
というよりも暑くて邪魔になりますが。

・マスク
※個人的に推奨
口の乾燥を防げます。
乾燥した日にマスクをしていないと口の周りがカサカサになります。
そして口が乾燥すると、のどの粘膜が弱くなって風邪を引きやすくなります。
新型ノロも流行っているようなので、効果の是非はともかくとして個人的には推奨。
怪しさが増すのは我慢

・耳あて
※個人的には必須
寒いときに真っ先に冷える箇所は耳だと思うので、あると意外に便利なもの。
風が強い日に一般待機列でこれがないと、耳が痛くてマジで死ねます。
会場内で暑くなったら外しましょう。

・アンダーウェア
寒い日の防寒対策として。
特に下半身の防寒対策が疎かになっている方が多いので注意。
漢だったらワークマン

ここまでが(個人的に)必須と思うもの。
下記のものは場合よっては必要なものです。

~場合によっては必要~

※一般待機列時に使用

・折りたたみイス
一般待機列では尻が冷えなくて便利。
特に雨の日には必須に近い装備。
そして雪の日はないと死ぬ
さすがに雪の日は…、ないと思うのですが、
C67で降ったんだよなぁ…(遠い目)

・ニンテンドー3DSやPSVitaなどの携帯ゲーム機
※主に一般待機列時に使用
極寒の待機列での暇つぶしに。
海風がビュービュー吹いてきて、ガチガチに震えていたら無理ですが。
もう最近はスマホゲーでしょうか……。

・ひざ掛け
一般待機列では足が冷えますし、
意外と下半身の防寒対策は甘くなりがちなので、ひざ掛けがオススメ。

~雨が降った場合~

・雨具
傘は周りに迷惑が掛かるので、雨ガッパ推奨。
ていうか、マナー的な意味で傘は止めといた方がいいです

とりあえず思いつく限り書いてみました。
本当にあまり去年と変わっていませんが…

昔は携帯電話が繋がらなくて、アマチュア無線を使っていた記憶がw
あともう携帯電話というよりも、
スマホと言った方が通りがいいですよね

いつものことではありますが、
準備はしっかりしていて損することはないです
無論、徒労に終わることもありますが、
準備が足りなくて悲惨なことになるよりはマシなので…。

とはいえ、準備し過ぎで大荷物になってしまうのも問題。<
br>なので、必要なものと不必要なものはしっかり切り分けて、
手荷物を軽くする必要があります。
この辺は個人の裁量で判断していただければ幸いです。

早いもので、冬コミまであともう少し。
悔いのないコミケにする為に、しっかりと準備していきましょう。


冬コミに持っていくもの2018” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >コミケはクリスタルタワーと闇の世界並みの長期戦

    オウバードフォース(初代)「俺を忘れてもらっちゃ困るぜ!」

    ガキの頃友人がプレイしていて、「ハマると面白いゲーム」
    らしいのですが、途中セーブ機能が無いせいで、
    ミッションクリアまで冗談抜きで2~3時間は
    画面の前に拘束されるというw
    全クリした友人の感想が「苦行」の二文字だったのも
    むべなるかな、といったところでしょうか。

    初代とはいえ、PSのゲームなのにねぇ…。

    >ホッカイロ

    始発~早朝組の場合、貼るタイプと貼らないタイプ、
    両方用意していると安定性が増しますね。
    体質にもよりますが、貼るタイプは痒くなったりしますし、
    着込むと剥がすのもいちいち面倒ですから。

    対して、貼らないタイプは手に持ったりポケットに入れたりが
    貼るタイプに比べて楽に行えるのが利点ですね。

    …コミケ当日は片方だけの手袋と同じく、
    道端やガレリアとかによく落ちてるけどな!w

    >特に下半身の防寒対策が疎かになっている方が多いので注意。

    メンズタイツとか股引は意外なほど使えます。
    格好悪いとか言ってる場合じゃねーから!

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    第2次スパロボαや第3次スパロボαも小隊システムで悩んだり、
    前準備と本編で数時間かかりましたけど、
    セーブ機能はありましたしねぇ……。
    さすがに苦行だと思います、ハイw

    >貼らないタイプ

    貼らないタイプはあまり売っていませんよね。
    需要の問題なのかもしれませんが、あれはあれで便利なんですよね。

    >メンズタイツとか股引

    私も使っています。
    バカボンのパパ言うな!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eight + four =