割と本気で待っています>ufotable版セイバールート


時々思うことがある。
庵野監督が亡くなるまでに劇場版「ヱヴァ」は完結するのだろうか>挨拶

そろそろジョークでは済まないレベルに達しているのでは…?
と思う2019年の冬。

「シン・ゴジラ」を見て思うのですが、
庵野監督はまだまだ創作意欲は衰えていないと思うんですよね、多分

もはや「ヱヴァ」のこだわらず好き勝手作らせた方が、
色んな意味で今後のためになる気もします。
(「Q」から目を逸らしながら)

劇場版「Fate/stay night [Heaven’s Feel]」 Ⅱ.lost butterfly

なんて、どうでもいいことを思った劇場版「FateHF」第2章の帰り道。
ちなみに劇場版「FateHF」の完結編である第3章は、2020年春公開。
2020年のGWコミケとどっちが早いのだろうか……。

それはそれとして……。
婆さんや、セイバールートのアニメ化はまだかのぉ(すっとぼけ)

DEEN版「Fate」、数ある「Fate」の歴史の中で、
割と無かったことの扱いになっていることが多い気がします。
(牛耳っているANIPLEX関係じゃないのもあるのでしょうが)

正直、そこまで出来が悪いわけではないのですが、
ufotable版を見てしまうと……、という感はあったりします。
Fate/Zero』を初めて見た時の衝撃はすごかったなぁ……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + eight =