旅は人の心を豊かにしますが、財布の中身は貧しくなります


くっ…、二日ぶりに外出したら体が…>挨拶

家でずっと電子書籍化作業を進めていたせいで、
コミティア以来全く外出していなかったことに気づき、
外出してみたところ、溶けるような暑さ。

くっ…、これが二日ぶりに外出するということか…。
と、思ったのですが、単に気温が高いだけでした

暦上では既に初夏。
3月のやたらと寒い時期の記憶がまだ新しいのですが、
もう少し春らしい天気が続くといいなぁ…。

「花咲くいろは」キャラ達が案内する金沢名所案内ポスターの場所を回ってみよう

気合の入りっぷりが素敵

同じ金沢の『true tears』も同じような町おこしをしていましたが、
コラボイベントも行っている様子

なんかこういうのを見ていると、また旅に出たくなるものです。
お金も気力もないけどな!
ここ1年の北海道への旅は友人の誘いがあったからこそなので…。

それにしても富山や金沢の方って行ったことないなぁ…。
新潟ならフェリーに乗るために、上野から青春18切符で乗り継いで行ったことがあるけど。
とりあえず海が荒れている日はフェリーには乗らない方がいいと思う。
私は船酔いで動くことすらままならなかったから

あ、でも旅をするならデジカメも買い換えたいです。
GRDigitalは気に入っているけど、単焦眼レンズなので、
遠いものが撮れないのがネック。
野球観戦だと、全く役に立たないものでして…。

あずまきよひこ先生が麻雀漫画を描いたことがあった

序ノ口譲二…


旅は人の心を豊かにしますが、財布の中身は貧しくなります” に対して2件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >あずまきよひこ先生が麻雀漫画を描いたことがあった

    「スーパーリアル麻雀」といえば、一部作品はやたらCPUがズルく、
    初手から天和だの地和連発だのといった、アカギや哭きの竜ですら
    裸足で逃げ出すような雀鬼のいるゲームとしても名高いですねw

    このアンソロ、よく見るとかなめあきら(現・内村かなめ)や
    チャーリー西中(現・チャーリーにしなか)など、
    現在中堅どころの漫画家さんの名前も見られますね。
    うらべ・すうや小菅勇太郎など、もうこの世にいない方もおりますが…。

    >序ノ口譲二…

    その名前は本人にとっちゃ黒歴史でしょうね(苦笑)
    この名義の中古の単行本が秋葉原のK-ブックスでは2500円だったのに、
    亀戸のブックオフでは500円で投売りされてた罠w

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    「スーパーリアル麻雀」に限らず脱衣麻雀の類は、
    プレイヤーを勝たせないためにイカサマありなのがデフォですねw
    アーケードなら100円をより消費させる為に(以下略)
    麻雀は恐ろしいでぇ…。

    私は分からなかったので、調べてみたのですが、
    エロ漫画家の方もいるんですね。
    というか、コミケで本出しているとは知りませんでしたw

    亡くなっている方もいられるのは、
    漫画家の激務というのもあるのかもしれませんね…。

    序ノ口譲二先生の作品はアマゾンでは古本が定価以下で買えますw
    評価を見ると面白くて、資料的価値は高いけど、
    使えない(笑)だそうですw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × three =