WF(ワンダーフェスティバル) 2006夏


“きかん”を変換したら最初に出てきたのが“既刊”だった>挨拶

とうとうウチのIMEも使い手と同様にバカになったようです。

個人的に恒例行事であるガレキの祭典ことワンダーフェスティバルに行ってきました。

…、随分とかぁいいガッツでつね

「いきなりこんな写真かよ」なんて思われるかもしれませんが、
コスプレ広場にはサイバえもん(分かる人何人いるんだ)とか
北の将軍様とかキテイルコスプレがたくさんいましたし、
ワンフェスではありえない光景ではない。

コミケと違いワンフェスは長モノOKなので、
コスプレに気合が入っている人が多い感じがします。

個人的な回りで松村克也さんの所属しているディーラー、「S.A.E」の卓へ。
松村さんとは約半年ぶりの対面。相変わらずお元気そう…、ではなく
歯が痛そうで調子が悪そうだったのですが、こっちはこっちで
風邪で声がガラガラだったので人のことは言えませんが。

「PC‐DIY」が休刊してから会える機会はワンフェスだけになってしまいましたが、
こうして休刊したあとでも、イベントで普通に会えるのは貴重なことだと実感します。
ちまみに同人誌の「PC‐DIY Extra」が完売した記念にライター同士で
飲み会が開催されるらしいので、非常にレポが楽しみですね

MAXファクトリーのブースでは最近一年限定でMAX渡辺からマグナム渡辺に改名した
マグナム渡辺さんに遭遇するわ、声優の関智一さんが普通に歩いているわで
ちょいとばかり魔空間。つか、渡辺さんはMAXファクトリーの造形士だし、
関智一さんもMAXファクトリーで自作フィギュアを売っていただけなのですが。

マグナム(MAX)渡辺と浅井真紀の対談イベントでは

・ぶっちゃげMAXファクトリーはそこまで儲かってない
・造形屋はモテない
・造形屋は家で引きこもっているのが普通になる

というガレキ業界のアレな話を披露。

とまぁ黒い話題だけではなく(でも比率高し)、
二人はガレキの造形屋としてどうありたいか、
クリエイターとしてどんなものを作りたいかという二人の本音を聞けたのは
個人的に好印象でした。

特に浅井真紀さんの

「食玩がきっかけでもいいから、WFに来た人にはガレキに触れて欲しい」

という言葉にはガレキに興味があっても、塗装技術無いからと言い訳して
ガレージキットに挑戦しない俺には痛かった言葉です。

松村さんにも何か挑戦してみたらと言われたし、
私も何かに挑戦してみようかと考え中。
予定は未定で絵も文章も全くダメですが


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 + seven =

前の記事

5万ヒット突破