ポスターから漂う謎のサイコホラー感


「邪神ちゃん」はハートフルアニメなのに……>挨拶

邪神ちゃんはしっかりこちらでも税金を払っている。
そんな模範的市民ですよ!!
パチンカスだけど

ちなみに邪神ちゃんも通っていて、劇中に登場する「人生シアター」。
そのモデルである「人生劇場」は既に閉店している模様

ちなみに神保町に唯一残っていたパチンコ屋らしいです。
昔はすずらん通りにもあったのかぁ……。

神保町といえば、古本屋とカレー屋しかない
そんなことに思っていたのですが、パチンコ屋もあったのですね。
普通に聖地巡礼で店前にいったのはここだけの話。

ちなみに邪神ちゃんは見つけることは出来なかったですの
当たり前だ

謎のサイコホラー感

きっとこれは波平とマスオが実は痴漢している。
そんな薄い本展開ですよ!

……夏コミが近いからね、仕方ないね♂

それにしても、何故ゆえサイコホラーな感じがするのか。
無表情な感じになるからですかねぇ……?

MGS1 メタルギアソリッド – CHAPTER 6. グレイ・フォックスの最期

リキッドとオセロットの演技力は最高ですね!(すっとぼけ)

これも全部、スネークに聞かれることを分かっていて喋っていたわけで。
2周目にプレイしていると「何言ってんだ、コイツラ」
そんなふうに思えること請け合いです。

そして疑心暗鬼から、次々と明らかになる真実。
ゲームの終盤ということもあり、急展開です。
初プレイの時は、完全に入れ込んでプレイしていた記憶がありますし、
真実が明らかになった時は、驚いた記憶があります。

そして終盤に再登場し、名言しか残していないグレイ・フォックス。
改めて塩沢兼人さんの声と演技の素晴らしさを実感しました。

この時のグレイ・フォックスの台詞。
「2」でスネークから雷電に受け継がれたことを考えると、
小島監督が「MGS」でテーマにしている「ミーム(遺伝)」の1つでなのかも。

……なんて、今更ながら思ったりします。

さすがに「4」で今回のメタルギア・レックスが再登場するとは思いませんでしたがw
ていうか、「4」もちゃんとプレイしないとなぁ……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

2 × three =