GoogleIMEでは「おとこのこ」で「男の娘」に変換できた


ヒーローvsダークヒーローの構図っていいよね>挨拶

TIGER&BUNNY』の第7話を見て。
ルナティックの怪しげな外見と能力もそうですが、
遊佐浩二さんのなんとも裏がある感じの声が素敵。

そして第8話は見切り職人こと、折り紙サイクロンさんの回。
今までロクに喋ったことすらない折り紙サイクロンさんですが、
活躍するのが楽しみです。

震災後初、寝台特急「北斗星」が札幌駅出発

初めて北斗星に乗った時の写真。

今まで北斗星には2回乗り、北斗星で函館や札幌まで行ったことがあるので、
JRの駅で運行休止の電子掲示板を見る度に心配になっていましたが、
無事に運行再開したようで良かったです。

とはいえ、東北地方の一部では、徐行運転を余儀なくされるため、
所要時間は通常よりも長くなるそうですが。
でも、冬の北斗星って遅れるのが普通だしなぁ…。
(雪のせいで徐行運転することになるので)
あ、夏は函館までですが遅れることはありませんでした。

「げんしけん 二代目」単行本化、秋葉原限定で特典配布

秋葉原に気軽に行ける人がうらやましい

いや、私も行けないわけではないのですが、さすがに平日に行くのは辛いというか…。
それ以前に8冊買うのが辛いというか、8店舗回るのが大変な気がします。
気軽に秋葉原に行けそうもないし、『げんしけん』は好きだけど、
今回は無理かなぁ…。

それにしても、卒業したのに斑目が多いなぁ…と思っていたのですが、
波戸くんの方がもっと多かったでござる

9枚中6枚に描かれているし。
…、ほ…、欲しくなんかないんだからね!
…一体何時間あれば回ることができるかしら

破戸くんは斑目の絡みが2枚に、メイドにスク水に、普段着とコスプレ。
昨今の男の娘ブームはすごいなぁ…。
(「男の娘」も「おとこのこ」って打ったら変換できたし…。やるな!GoogleIME!)

それにしても、笹原よりも斑目が目立つのは前々からそうだったけど、
今回の特典では笹原は荻上絡みの1枚だけか。
やっぱり二代目からは完全に荻上さんが主役なのね。

目立っているのは波戸くんな気がするけど


GoogleIMEでは「おとこのこ」で「男の娘」に変換できた” に対して2件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >GoogleIMEでは「おとこのこ」で「男の娘」に変換できた

    「おとこ」=「漢娘」は…さすがに無理でしょうか(ぉ)

    >ルナティック

    声が同じ事から、裁判官(ユーリ・ペトロフ)が中の人であることは
    おそらく間違い無いでしょうが、さすがにバーナビーの両親殺しの
    実行犯とは(外見年齢的に)考えにくいです…。
    なにか関わりがあるのは確実でしょうけども。

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    残念ながら変換はできませんでした。
    「おとこ」で「漢」には変換できたのですが…。

    ユーリはウロボロスに関係なく、自分の正義で裁いている感じですね。
    明らかに行き過ぎた正義ではありますが、
    劇中で子供が「犯人を捕まえるだけかよ」
    って虎徹に言っている描写から正義の定義の話も作られそうです。
    ただキャラの強さからいって、ウロボロスと無関係ってことはないと思うのですが…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − 2 =