それすらも生ぬるい


以前「スクールデイズ」を観ているた時は
狂った世界観と狂った登場人物による狂気の世界と思っていたけど、
第10話を観て以来それすらも生ぬるいと思えてきた

…、とまぁ散々言ってはいますが、狂った展開なればなるほど
話が面白くなっているのも気がします。

出てくる人間全てが、人の皮を被った何かにしか見えないしな。

言葉様が覚醒した以上、盛大な鮮血SHOWが楽しみでしょうがありません(マテ

ここからは二次元ではなく、三次元のお話。

「○○さんって臭いよねー」という同意を求められた(当然ガン無視)
電車に乗ろうとしたら目の前の車両が女性専用車両だった(男性専用車両は?)
ananの吊り広告を見たら、「好きな男嫌いな男」特集だった。
嫌いな男に選ばれることでステータスになる人もいるから、
否定する気はないけど、一般女性誌で普通にやる特集…か?

絶望した!現実に絶望した!!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

nineteen − 1 =

前の記事

家に帰還