にわか日記


劇場版ウルトラマンメビウス&ウルトラ兄弟

…、レオがいないんですけど>挨拶

多分レオも出したらアストラも出さないと半端だからという大人の事情だろうな…。
しかし第2期シリーズのウルトラマンが全て揃ってないとやはり物足りない気が。

「さよなら本田先生」~「アス乙第一巻が増刷されて大喜びの巻」

しろはたが「さよなら絶望先生」仕様に。
ま、まぁ初回出荷だけで終わるような作品も多い昨今ですし、
(特にアルケ(ryが出すゲームとか)
おめでたいことだと思います。

終わりましたね。
いや、「Fate/stay night」もそうですけど、サムライブルー。

(これ以降はサッカーをロクに知らない香具師の戯言なのでスルーが吉)

実は寝ていて朝に結果を知ったという非国民っぷりを存分に発揮していたわけですが、
夜にNHKで放送していたダイジェストを見た限りとてもブラジルには勝てる感じがしねぇ。

ゴール前でロナウドをフリーにするわ、ペナルティーエリア手前のシュートで
点を決められるわ点の取られ方がどうにも気に食わん。
ブラジルがペナルティーエリア手前からでもどんどんシュートを打ってくるなんて
素人の私でも予想出来たんだから、いくらでも対策を練れただろうに。
とりあえずディフェンダーのザルっぷりがなんとも。
川口じゃなかったら何点入れられたんだよ。
(楢崎だったら…どうだったんだろうか…?)

攻撃はなぁ…、ゴール近くでゆっくりパス回しているだけでは点は取れんよ。
一流国の攻撃なんて、サイドからの攻撃にしても正面突破にしても
パス回しもすばやいし。そういう意味では玉田のゴールは理想的なんですけど。
あれが何回も出来ればなぁ…。

あと玉田と巻の起用がサプライズっていうけど、
どこがサプライズなのかと。むしろ当然の選択だろ
とりあえず高原と柳沢が世界レベルじゃ全く通じないことが分かった。
(久保がいたらいくらか変わった・・・かも?)

川渕キャ(ryの「個の力が違ったから負けた」的な発言もいかがなものかと思った。
正直個の力は段違いだったけど、チームプレーもブラジルの方が圧倒的だったでしょ。
チームを活かすための個人プレーという日本に対し、
ブラジルは個人プレーを活かすためのチームプレーに見えたから単純な比較は出来んが。
(間違っていたらゴメンナサイ)

果たして日本が世界レベルになるまで何年かかるのか…、と考えさせられる大会でした。
とりあえず南米やヨーロッパの真似事ではなく、日本独自のものが見つかればなぁ…。
(多分、南米とヨーロッパの融合体になると思いますが>日本独自のプレースタイル)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

fourteen − 1 =