人呪わば穴二つ?


バイト中、ふと近くのバイトの会話が聞こえてくることがある。
・・・、というより常に聞こえてきて正直ウザイわけだが。

そんな会話を半強制的に聞かされていると話している会話はもっぱら
「音楽のバンド」、「スノーボード」、「付き合った女」など。
激しくオサレな会話デツネ

「ヲタ回路」、「喪男回路」に加え、「ネガティブ回路」や「悪魔回路」。
そんなデュアルコア搭載デュアルOpteronシステムに勝るとも劣らない
システムを載せた私にとっては拷問以外なにものでもありません。

そんな拷問に耐えながら仕事をしていると

「プラモ趣味ってやばくねぇ」
「量産型のプラモいくつも作ってやんの」
「ロリコンって犯罪者(ry」

量産型のプラモは複数作ることはモデラーにとっては別に普通のことなんですが。
ケロロ軍曹も「量産型は数をそろえなきゃね」って言っていますし。
プラモデルが趣味が何が問題なんでしょう?
あなた達だって楽器も弾け(ry

あと「犯罪者=ロリコン」ではなくて「犯罪者=ペドフェリア」が本来の正しい意味。
ちなみにロリコンことロリータ・コンプレックスは中年詩人の少女愛を描く、
まるで脳爆おたく先生みたいなナボコフの小説「ロリータ」がその由来。

指が動くままに書いてしまったが、人間が人を馬鹿にする。
その行為をしている人間を見て、また馬鹿にする人間が現れるという
社会の駄目な部分を感じた次第。
そして私も誰かに馬鹿にされ(ry

「人を呪わば穴二つ」。
何となく当てはまるような当てはまらないような。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

three × three =

前の記事

身近なPSE法問題

次の記事

草加煎餅