出来るだけ安くDualXeonマシンを作る方法


きっかけは先日、秋葉原にある某水冷有名店で2万7800円で売っている
ASUSのPC-DL Deluxeを見つけてしまったこと。

もしかしてこのマザーボードを使えば
安くXeonマシンを作れるのでは・・・、と思ったわけです。

ちなみに現在のマシン構成は
OS:Windows2000 SP4
CPU:AMD Athlon2500+(Bartonコア)
M/B:ASUS A7V600-X(KT600)
メモリー:サムスン製 PC3200 512MB
VGA:Canopus SPECTRA F11(GeForce2MX)

とりあえず今回のコンセプトは『安く』なので
ケース、光学式ドライブ、拡張カード、HDD、VGAは流用ということにします。

CPU:
中古のPrestoniaコア2.4GHzのXeon2個が、
ヤフオクならば1万6800円から購入可能。
だたしヤフオクはあまり使いたくないのが本音だが・・・。
(ちなみに送料は含んでません)

M/B:
先ほども書いたようにASUSのPC-DL Deluxeなら2万7800円で購入可能。
PCIスロットも32bitを採用しているので拡張カードの使用も問題無し。
ただしFSBは533MHz、そしてDDR333までの対応なので将来性は無し。
昨今はしょっちゅう規格が変わるので、将来性を気にするのもなんだケド。

メモリー:
DDR400 Hynix純正の512MBが1枚余っているので、
DDR333対応のM/BにあえてDDR400 Hynix純正の512MBをもう1枚買って
デュアルチャンネルにしてみたい。
おそらく動くと思うのだが・・・(もちろん自己責任(汗) )
6000円までで買えると思う。

電源、CPUクーラー:
ここが一番の悩みどころ。
電気をバカ食いし高発熱であるXeonを2個も使う以上、
出来るだけこだわりたいパーツ。
私は夜中の寝ている間に動画エンコードをしているので
出来るだけ静かな電源とCPUクーラーをチョイスしたいが・・・。
とりあえずUser’S Side高速電脳あたりに相談するのが良さそう。

以上から5万円+電源とCPUクーラー代を出せば、
私でもXeonマシンを作ることが可能ということが分かりました。
って、意外と安く組むことも可能なのね・・・。

必要かどうかは別としてw


出来るだけ安くDualXeonマシンを作る方法” に対して1件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    今日もおっさんが買おうとしてたね(^^;
    リビジョンは?とかこれって3.2G動くの?って
    必死で調べた結果先月入荷した新盤だったので
    Biosは最新のはず、なのにおっさん混乱に乗じて消えてったw
    同店のこだわりらしく同じロットナンバーのCPUじゃないと
    販売しないらしい、しかも2こ売り必須
    まあロットナンバーなんてそろえなくたって動くことは動くし(ぇ
    DIYがそんなこと気にしちゃダメダメだよねw

    PC-DL Dluxeは確かに安いかもね
    性能・消費電力という面から見るとあまりメリットなさそうなXeonだが
    ただ一つのアドバンテージは、クオッド…。
    4CPU ほすぃ(゚Д゚)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × five =