星野金属が不渡りで生産停止


工エエェェ(´д`)ェェエエ工>挨拶

星野金属が不渡りで生産停止、ソルダムは「正常化に向け努力中」(AKIBA PC Hotline)

一ヶ月前にソルダムからこのPCケースを買ったばかりというタイムリーな時期にまた…。
やはりセール品だけでは儲からなかったということでしょうか。

ちなみにこのケースにはExtend-ATX M/Bまで搭載可能ですが、
未だに未使用。出来ればE‐ATXのM/Bを入れたいところです。
(出来ればDualCoreOpteronのDualで(ry )
夢を見るのは勝手ということで… (つд`)

最近秋葉原ではNorthwood(北森)コアのPentium4 3.4GHzが出回っているらしい。
ほんとどうか色々探してみたらワンネスの通販で新品を取り扱っているし。

プレスコがあまりにアレだったせいか評価が高い北森コア。
私も北森コアのPen4は好きですが、ソケット478のM/Bも無ければ、
AthlonXP 2500+環境に比べても大差無い気がするのがなんとも。

そういやK6‐Ⅲの550MHzとか、TualatinコアのPentiumⅢの1.4GHzとか、
特定のコアの最高周波CPUってなかなか下がりませんよね。
ある意味プレミア価格ってやつでしょうか。


星野金属が不渡りで生産停止” に対して2件のコメントがあります。

  1. フレッツ より:

    そもそも生産数が少ないですからねー。
    生産終了コアだとたいていの場合
    現役時ミドル価格とトップ価格が2~3倍差があったりしますし。
    量産効果が出なくて終了。
    のパターン化と・・・。

  2. s-diy より:

    たしかに生産数と価格は反比例しますね。
    一個10万円以上するようなCPUはほとんど市場に出回ってないものばかりですし。
    生産終了コアでも比較的需要の高く、数が少ない物はある程度の価格で落ち着いてしまうのでしょうね。
    そういやAthlonXP3200+も高いな('A`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × 1 =