西武河原 移籍後初勝利


32歳河原&31歳高木大が活躍

巨人にドラフト1位で入団した年から先発で活躍こそするものの、
ケガが多く、長くその活躍を維持することが出来ない。

そんな中、当時の原監督に突然抑えに指名された時は
正直、疑問に思ったものです。
その疑問をあっさり晴らした2002年前半戦の神がかり的なストッパー。
その当時、球場に足を運んで観戦したのですが、
9回に「河原」と告げるウグイスコールで
ものすごい歓声が鳴り響き、その歓声にこたえるように
相手打線を完璧に抑えていたことが今でも深く印象に残っております。

それだけにここ2年の不振は見ていてツライものがありました。
そして今年はオープン戦で結果を残していたものの、
シーズン直前に西武に後藤投手との交換トレードで移籍。

そして移籍後初先発を7回1失点で勝利で飾ることができました。
所属するチームは変わってしまいましたが、これからも
河原投手には頑張って欲しいですね。
少なくても私は応援しているぞw


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × four =