12月24日に「アマガミ」をプレイしろというのか


アマガミ」はヒロインといかなるクリスマスを迎えるかをテーマにしたゲームです。
アマガミSS」はその「アマガミ」をアニメ化した作品です。
その「アマガミSS」、来週の放送日は時間的に12月24日です

ゆっくり死んでいってね!

…いや、正確には12月23日の深夜25時…、25時なんだ…。
しかし2クールだから、50%の確率でクリスマスとバッティングするわけですが、
よりによって「アマガミSS」でバッテイングするとは。
しかも放送日までバッティング。
ここまで来ると狙っていたのか呪われているのか

桜井梨穂子編以来、挑戦してないけど久々にリアルタイムで視聴してみるべきか。
わざわざ進んで死にに行くことはないと思うけど

日本のゲームショップがすさまじいと感激する外国人が続出

最近は秋葉原でもこういうお店は減りましたね

とりあえず、真っ先にスーパーポテトが思い浮かぶんだけど、
そのあとが続かないのが、ゲームマニアの端くれとして恥ずかしいところ。

昔の秋葉原、記憶にある限りでは大体1997年頃なら、
秋葉原ならゴロゴロ点在していた記憶があるのですが…。
無くなった一因としては単純に市場に出回る数が減ってしまったこと。
(スーファミが潮が引くように市場に出まわらなくなったこととか)
あと大きいのはゲームメーカーが中古ゲームを違法扱いしたことです。
(恐ろしい話ですが、ゲームメーカーが中古ゲームを違法扱いし、
裁判沙汰になっていた時期が1998年から2002年にあった)

おかげで秋葉原のレトロ中古ゲームの一翼をになっていたソフマップが、
中古ゲームの取り扱いをやめてしまったので、一気に探しづらくなった記憶が。
おかげでゲームマニアの発掘場所は、秋葉原から問屋街に移り、
中古市場が縮小し、ゲーム市場は見事に冷え込んだ…というのは別の話。
今振り返ると、ほんとしょうもない出来事です。

昔に比べると、今はバーチャルコンソールPSストアなどで
レトロゲームは遊びやすくなっていますが、
バカゲー、クソゲーはそうそう配信されないので、こういうお店は貴重だと思います。
たけしの挑戦状」と「トランスフォーマー コンボイの謎」は配信されているけど

伝説のクソゲーならば、特別扱いされるってことなんだと思います、多分

蛸壺屋の新作同人誌サンプル公開 今度は俺妹か・・・

読んだら負けな気がするのはなんでだろう

そんなことを同じ蛸壷屋の「けいおん!」本でも思っていた記憶が。
しかしなんていうか、60ページもの長編を描ける蛸壷屋はすごいなと思う。
別の意味で振り切れているけど


12月24日に「アマガミ」をプレイしろというのか” に対して2件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >来週の放送日は時間的に12月24日です

    むかーし、「電車男」というドラマが、同人誌即売会に行く話を、
    よりにもよってコミケの前日に放映するという、
    ほとんど嫌がらせのような仕打ちをしやがったのを思い出しますた(苦笑)

    >とりあえず、真っ先にスーパーポテトが思い浮かぶんだけど

    中野ブロードウェイが混じってても違和感無いような気が(汗)
    あと、秋葉原の中古ゲーム屋と言えば「キャンプ」とかもありますね。

    >ゲームメーカーが中古ゲームを違法扱いしたこと

    コレを聞くと今でも「ユーズド・ゲームズ」の特集を思い出します。
    「言いがかり」「自分たちが作りっぱなしの状態を作っておきながら、いまさら規制とは」などなど、
    読者の怒りの声ととある中小ゲーム屋店員の手紙は強烈でしたね…。

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    コミケの前日というと、C68の時ですね。
    あの時は一見さんが来ないか戦々恐々としていましたし、
    C69のMRにも「電車男」の項目がありましたねw
    ていうか、電車男って彼女ができただけで脱オタってダサいよね(キリッ

    「キャンプ」のことは失念していました。
    いつも近くのツクモEXは行くのですが…。

    メーカーが一方的に有利な契約だとか、
    問屋が定価以上でふっかけてくるとか、
    ゲーム屋の厳しい現状が書かれていましたね>中小ゲーム屋店員
    今はメーカーも厳しいし、色々と不景気だと思います。ホント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × three =