「イース -フェルガナの誓い-」 6月に発売予定


ここに紹介記事が。

リンク:日本ファルコムOHP

「イース」は「1、2完全版」と「6」を持っていますが、
個人的には「どうなんだろう?」って感じです。

「6」は3Dになったにもかかわらず、ゲームとしての面白さは
変わらなかったのは良かったと思います。
でもいかんせんシナリオが短かったのが難点。

ラストダンジョンが短かったから、そう感じるのかもしれませんが。

でも多分・・・、いや、きっと買ってしまうだろうなぁ・・・。

今現在の公式ページにはまだ載っていませんが、
今回の推奨スペックはどうなるのでしょうかね?

「6」の時は
CPU:Pentium3/800MHz以上(Pentium3/1GHz以上推奨)
メモリー:[Windows98/Me]128MB以上
      [Windows2000/XP]256MB以上
VGA: VRAM32MB以上

が最低要求スペックのなか、

CPU:Pentium3/866MHz
メモリー:256MB(Windows2000)
VGA: VRAM32MB

といった当時としてもショボショボのスペックだったにもかかわらず、
「最軽量」の設定でどうにか快適に動いたのを憶えております。

このへんを要求スペックがいい加減なソフト会社は見習って欲しいものです。
(某アクアゾーンを出している会社とか・・・)

でもこれ以上要求スペックが上がったら、正直言ってキツイ。

現在のPCの構成を見ると
なんせ VGAが当時のまんまですからね。

せめてGeForce4 Ti4200、欲を言えばRADEON9800Proが欲しいところです。
中古の9800Proなら、ATI純正で1万7千円ぐらいで買えますが・・・。

でもモバイルPCも欲しいしなぁ。
そんなわけでなかなか手が出ないのが実状だったりする。
どうする、私?(汗


「イース -フェルガナの誓い-」 6月に発売予定” に対して3件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    やったやった~イースⅥ♪確かに短かったけど即死はなかなか…。

    しかもnForce2グラフィックだと水没して大変だった orz
    どう考えてもレイヤーの順番、逆だろうヽ(*`Д´)ノみたいな
    動作するにしてもお上品に動いてくれる
    君のグラフィックに敬服YO。(ぉ

    しかも、どこまでそのグラフィックで耐えられるか継続キボンw

  2. s-diy より:

    一応「標準」でまともに動きました。

    ・・・、ボス戦に突入する直前以外はw
    CPUの周波数が2倍強UPした効果は大きいですね~。

  3. kushii より:

    いちおうゲーム中は支障なし、と素晴らしい

    あんまりグラフィックのUPって
    ワシらには必要ないのかもしれないね(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

11 + sixteen =