アニメ会の『ヲタめし!』 第232回


昨日の朝、雨で足を滑らせて左ひざを強打。
スボンの膝の部分が破けて、右足首をひねって激痛が。

正直、痛かったよりも恥ずかしかったのはここだけの話>挨拶

今はだいぶ良くなりましたが、正直膝が結構痛かったりします。

アニメ会の『ヲタめし!』第232回

律子・キューベル・ケッテンクラート

国井代表が名前だけで惚れると言った名前。
「くじアン」とは懐かしいなぁ…。

今週は総集編スペシャル。
最近、総集編多くね?

最初は国井代表のおすすめアニメ委員会。
今回、紹介されたのは『くじびきアンバランス』。
第1期は『げんしけん』のDVD-BOXにOVAとして付いてきたとか、
第2期は『げんしけん』メンバーの次回予告だけエンコードして保存していたとか、
色々と懐かしいことを思い出します。

正直、『くじびきアンバランス』が単品でアニメ化するとは思わなかったなぁ…。
それ以上に『げんしけん-二代目-』が始まるとは思わなかったけど
今、アフタヌーン本誌での展開は斑目好きの私からすると、非常に俺得展開。
今後、どう展開していくか気になるところです。

そして次は比嘉モエルのゲーム委員会。
今回は東京ゲームショウ2012の話。
ていうか、20日から開催されていたのね。
最近、東京ゲームショウは行っていないのですが、どうなっているのかなぁ…。
昔、行っていた頃は少しづつ規模が小さくなっているように感じたけど。
そういや、さらに昔は春と秋に年2回開催していたよね。

比嘉さんも言っていたけど、『バイオハザード6』とか気合が入っていたし、
発売前にどんな紹介されるのかなぁ…。

そして最後は国井代表の少女漫画委員会。
国井代表が紹介したのは『高杉さん家のおべんとう』。
主人公がオーバードクターと聞いて、
BPS バトルプログラマーシラセ』を思い出すのは私だけでいい

これは…、超法規的措置!

アメリカ王は今でもシャープに務めているんだろうか。
…って話がずれた。

読んでいて思ったけど、『うさぎドロップ』もそうだけど、
独身男性が子供を育てるって大変なんだなぁ…と、感じます。
『高杉さん家のおべんとう』はくるりが中学生ですし、
オーバードクターとはいえ、生命保険と労災保険の給付金があるので、
生活はすることが出来ますが…。


アニメ会の『ヲタめし!』 第232回” に対して1件のコメントがあります。

  1. どろっくす より:

    >『バイオハザード6』

    そろそろ映画のほうがゲームに追いついてしまいそうですよね。
    初代からプレイしている身としては、
    映画もゲームも随分と荒唐無稽な話になったものだ…。

  2. s-diy より:

    >どろっくすさん

    映画の方は見ていないのですが、
    映画の方がゲームに追いついてしまいそうなのですね。
    ゲームは「1」はラクーンシティ郊外の洋館。
    「2」と「3」はラクーンシティなわけで、
    だいぶ話が広がった感はあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

10 − five =