オタク道とは死ぬことと見つけたり


ふと思うことがある。

「なんで俺、オタクになっちゃたんだろうなぁ・・・」

と。

オタクライフを忠実に再現した漫画『げんしけん』(@木尾士目)で、

「オタクはなろうと思ってなったのではなく、
気が付いたらなっているだよ」

という名言があるくらいだからオタクであることに理由なんていらないのかもしれない。
(気が付いたら辞めている人はいるのかは別として)

しかしオタク道は決して平坦なものではありません。

まずお金がかかる。
まれに一切無駄な散財をしない人もいるが、
基本的にオタクは散財癖がある人が多い。

そして俗にいう一般人から差別を受けるというもの。
趣味に極端にお金をかけるオタクが多く、第一印象で損する以上
ある意味しかたがないかもしれません。
でも本音では「外見でしか物事を判断できない奴も多いくせに」
なんて思っている私。皆さんはこんな人になってはいけません


オタク道とは死ぬことと見つけたり” に対して1件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    幸せならよしw
    散財のおかげで幸せになれるならヨシ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 + 2 =