千葉ロッテマリーンズ 2005年パリーグ制覇


31年振りだそうで。

ロッテファンの皆様、優勝おめでとうございます。
個人的にはプレーオフの制度に懐疑的な人間なので、
ホークスが優勝した方がつっかえるものがなかったのですが、
最終戦の白熱した好ゲームにそんなことはどうでもよくなりましたw

しかし短期決戦に共通することだけど、勢いと流れって重要ですね。
第3戦の9回の裏といい、最終戦の8回の表といい。

あの時小林雅英が四球を出さなかったら

あの時杉内から吉武に投手交代しなかったら

初戦から松中の打が爆発していれば

今は結果でしか語ることが出来ないけど、
勝負事はその時、その時の判断が致命的な結果になると
今回のプレーオフでつくづく感じました。

でもその積み重ねの結果がペナントレースの順位なわけで。
もう少しペナント首位のチームにアドバンテージは与えられないものかのぅ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

four − 3 =