千葉ロッテマリーンズ 31年ぶりに日本一


なんか松坂、石井貴、張誌家が打ち込まれて、
西口だけが踏ん張った2002年の日本シリーズみたいな感じでしたね。

第1戦から第3戦まではロッテの圧勝。
阪神は第3戦までタイムリーは一本も無し。
最後の4戦目は結果だけをみれば接戦だったけど、
9回裏の矢野のバントミスを見ている限り、とても阪神が勝てる感じはしなかったなぁ。

結果的にロッテの強さがのみが目立った今回のシリーズでした。

阪神は間隔が空いたから試合勘が~、と解説者が言っていますが、
阪神には阪神で長い休養期間というアドバンテージがあったのだから、
ミニキャンプを開いて紅白戦をするなりいくらでもやりくりは出来たと思います。
(たしか2000年の巨人がやっていたような)
プレーオフは無くても、無いなりにメリットがあったわけですし。
それを生かす努力をしなかった阪神が不利だったって言われても・・・。

試合勘が~、と散々言っていたMBSの田淵と佐々木の解説は正直不快でした。
町の居酒屋トークではないんだからさ。MBSの中継はとにかく阪神びいき・・・というより、
相手チーム(ロッテ)を中傷ともとれるような発言が多かったのは気になった。
もう少し全国に流れていることを意識して欲しかったな。

あと今江のインタビュー中に番宣流すのはやめて下さい(涙


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

fourteen + 11 =