夜明け前より瑠璃色な 動作環境


某巨大掲示板を覗いていたらこんなレスを発見。

16 名前: 名無したちの午後 [sage] 投稿日: 2005/09/23(金) 05:08:13 ID:JnoI8PhW0
CPU負荷が高いというから体験版起動して見てみたが、
通常時 0~15%、シーン切り替え 30%前後、エフェクト時 55%前後
という感じだな。言われるほど負荷は高くないと思う。
CPUはPen4 3GHz HT有効。

以前ここに書いていますが、詳しく述べると

メニュー画面:10%以下
通常時:90%前後
シーン切り替え:100%越え
エフェクト時:100%越え

って感じです。

正直、単純なCPUパワーだけならAthlonXP 2500+の方が上だと思うけど、
AthlonXPはPentium4と違ってSSE2搭載されていませんし、
(HTなんてAMDのCPUには無縁の機能ですから)
この要素が絡むとPentium4の方が速くなります。

SSE2やSSE3に真っ先に対応し、HTも当然サポートのTMPG3
エグいくらいPentium4有利ですから、『夜明け前より瑠璃色な』は
インテルのCPUに最適化しているのかもしれません。
(zisaku氏いわく、「SSE2が効いているんじゃない?」とのこと)

AMDに最適化しているソフトウェアって聞いたことないけど。
(AMD製のベンチマークは除く)

補足:
AMD最新のCPU、Athlon64ではSSE/SSE2/SSE3まで対応しています。
Athlon64がCPU負荷率が高くなければ、SSE2/SSE3が効いている。
CPU負荷率が高ければ、HTが効いているという事だと思います。


夜明け前より瑠璃色な 動作環境” に対して2件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    〈〈エフェクト時 55%前後
    HT搭載だとシングルスレッド対応のアプリは
    どんなにリソースたりなくても半分の50%しか回らない
    あとの5%とかは大方バックグラウンドのプロセス
    SSE2対応の午後ベンチなんかマルチプロセッサOFFにして
    使ってみれば分かると思う。拡張命令関係なく半分しか
    リソース使えないはずだから(´ー`)/

    以上持ち主の意見でしたw

  2. s-diy より:

    そうだったんですか。
    アプリが対応してないと性能も生かせないということですね。

    これからはマルチコアのCPUが主流になるでしょうし、
    マルチスレッド対応のアプリがどんどん増えるといいなぁ。
    AthlonXPはシングルコアですけどw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

11 − four =