WF(ワンダーフェスティバル) 2005夏


略してワンフェス。

先週のコミケに引き続いて、今週の日曜日もビックサイトに足を運ぶ私。
本当にここには縁があるなぁ・・・。

本日は東の3から6までがワンフェス。
西の1と2がハムフェアで東の1がJAZZフェスタ。
コミケほどではないにせよ、結構盛り上がっているみたい。

会場に着いて気付いたのですが・・・、

携帯電話忘れた orz

今回はゆっくり回るためにカメラも持って来なかったんだよなぁ・・・。
(もちろん親父からの借り物です)
看板だけでも携帯で撮るつもりだったですが、
豪快に家に忘れてきた。

・・・、無くても全く困らなかったのはキニシナイ。

ワンフェスといえばガレキの祭典。
人呼んで『三次元のコミケ』。

コスプレの方もコミケでは長物禁止なのに対し、
ワンフェスは長物もオールオッケー。
コスプレイヤーの方の自由度も広がるようです。
個人的によかったのはアッガイのコスプレ
アッガイタソが居るだけで場が和みます。
カメラ持ってくればよかったかなぁ・・・。

肝心のガレキの方は色々見て回りましたが非常にイイ出来でした。
(詳しくは後日上がるe-flick.netさんのレポがオススメ)
でもそれに比例して高いorすぐ売り切れる
手間隙を考えれば妥当な金額、人気だと思いますが、
やっぱり貧乏人にはつらいイベントであることを実感します。

後に手に入ることも考慮すれば、
マスターレプリカ社のライトセーバー
Fewtureのゲッターロボでしょうか。
他にも竜馬版ブラックゲッターもカッコイイと思いましたが、
これはホビージャパン誌上限定品だからもう手に入らないしね・・・。
って、どれも貧乏人にはツライ物ばかりだw

ライトセーバーの方はネット通販で軒並み売り切れとなっていますが、
現地で広報さんと話してみたところ、9月には再入荷する予定だとか。
(納期にまでに予定の数を確保するのが大変だそうです)

MAXファクトリーのブースではMAX渡辺さんと関智一さんのトークショー、
歌手の遠藤正明さんの生ライブとサービス精神旺盛な内容。
特に遠藤正明さんのライブでは『勇者王誕生!』を、
ギャザリングマイソロジーVerと、テレビVerで聴けるという
ガオガイガーファンにとっては夢のような内容。
正直これだけで入場料の2000円払った価値はありました。

個人的な回りでは松村克也さんの所属しているディーラー、『S.A.E』の卓へ。
松村さんとは約一年ぶりの対面。相変わらずお元気そうでよかったです。
『PC‐DIY』が休刊してから会える機会はワンフェスだけになってしまったもんなぁ・・・。
こうして休刊したあとでも、イベントとはいえ普通に会えるのは
貴重なことだと今更ながらに実感します。
やはり人脈はお金では買えないものだし、大切にしたいものです。

ワンフェスのレポートは以上。
結局何も買えませんでしたが、遠藤正明さんの生ライブなどのイベントや、
松村さんと久々に会えたり、非常に楽しかったです。

これでお金があったらもっと楽しいのかもしれませんが(ヲイ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

1 × 2 =