アッハイ


世話やきキツネの仙狐さん 第6話「もふりたいだけじゃろ、おぬし」

アッハイ>挨拶

モフモフしたいのは人類共通だからね、仕方ないね♂

今回はAパートとBパートは別エピソード。
Aパートはシロと中野のゲーム対決。
しかしシロは相手の思考を読むというスタンドの使い手。
中野ピンチ!

……「ジョジョ」第3部のテレンス・T・ダービーでしょうか?

Exactly(そのとおりでございます)

そういや中野の中の人はダービー弟でしたね。
これはハーミット・パープルで対抗するしかありませんな!

しかし、最新作以外はしっかりとやり込んでいる中野。

シロ「中野 きさまこのゲームやり込んでいるなッ!」
中野「答える必要はない」

は名シーンでしたね(錯乱状態)

そしてオハギをめぐって、血を血で洗う戦い(違
千狐さんのオハギは疲労を忘れさせ、
恍惚とした酩酊状態に人を陥らせる甘いアンコの依存性は深刻な中毒者を生み出すほど。
重篤なオハギ中毒者は血中にアンコが溶け出しているという……。
……まさか中野はオハギ中毒者、コワイ!

そしてBパート。

佐倉さん引くわー

ていうか佐倉さん、演技して下さい
それくらい中の人がまんまだった気がします。
(フォロー無し)

それにしてもシロさん。
別世界ではメイド服着ていませんか?(マテ


アッハイ” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >名シーンでしたね(錯乱状態)

    最後はシロのオラオララッシュで中野を画面外までフッ飛ばして
    「再起不能(リタイヤ)!」(←大川透風に)したのがまた最高でしたな!
    中野の「ヤッダーバァアァァァァアアアアア」という断末魔も実にポイント高し(狂乱)

    仙狐さん「燃えるごみは月・水・金、なのじゃっ!」

    アニメ版でエンドクレジットに「無駄無駄原画」という
    パワーワードが記載されていて爆笑しますたw

    >……まさか中野はオハギ中毒者、コワイ!

    –ネオサイタマ郊外のとあるアパートメント–

    ナカノ「アーイイ……遥かに良い……甘いアンコ……フフフ、フィーヒヒヒ…!」

    一室にて貪るようにオハギを食べているのはマケグミ・サラリマンのナカノである。
    その目には既に光は失われており、ケミカルな笑いも止まらない。

    センコ「おかわりもいいぞ!なのじゃ!」

    謎の幼女センコのデスノボリめいた甘言を疑いもせず、ナカノはさらに追加のオハギを口に運ぼうとした、その時…!

    ???「イヤーッ!!」

    カブーム!特に理由も無く玄関をブチ破って赤黒のニンジャが室内にダイナミックエントリーだ!コワイ!

    ナカノ「アイエエエ!!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?ゴボボーッ!」

    おぉ、ナムアミダブツ!モータルであるナカノは突然の出来事に急性NRS(ニンジャリアリティショック)を発症し、オショガツめいたオハギ喉に詰まらせ案件を併発させて嘔吐!失禁!!そして失神!!!

    ???「ドーモ、パンパーフォックス=サン、ニンジャスレイヤーです」

    赤黒のニンジャ…ニンジャスレイヤーは、そういって深々とオジギをする。

    センコ「…ドーモ、ニンジャスレイヤー=サン、センコです。…そのふざけた名はとうに捨て去った。今はセンコと名乗っておるのじゃ」

    ニンジャスレイヤー「…元ザイバツ・シャドーギルドのグランドマスター階位にして、精鋭殺戮部隊『狐、吠える』の創設にも関わった伝説のアーチ級リアルニンジャ『パンパーフォックス』……キョートのアッパーガイオンの四分の一をたった一人で血の海に変えたナインテール・フォックスめ、この先長く生きられると思うなよ」

    センコ「言うなっ!」

    ニンジャスレイヤーの挑発がセンコの心に突き刺さる。
    ニンジャに詳しい読者諸君ならば既にご存知であろうが、禅問答や挑発で相手の心理的動揺や隙を誘うのはニンジャのイクサにおいて常套手段なのである!

    ニンジャスレイヤー「実際今現在もそうだ。モータルのサラリマンをより良き仕事へとジョブチェンジさせる手助けをするでもなく、いっそ殺して永遠の安息を与えてやるでもなく、オハギを食わせて明日一日を生き長らえさせるだけのバイシクル操業…サラリマンの神にでもなったつもりか?」

    ニンジャスレイヤーの容赦無い挑発!
    だが、かつてナラクのニンジャソウルに憑依されるまでは自らもサラリマンだったニンジャスレイヤーの言葉には、ごく僅かではあるが部屋の隅で痙攣しながら白目を剥いているナカノへの憐憫も感じられる。

    センコ「言うな…それ以上言うでない!イヤーッ!」

    ニンジャスレイヤー「ニンジャ…殺すべし!」

    センコのフォックス・カラテに呼応すべく、ニンジャスレイヤーも鍛え抜かれた己のカラテを繰り出す。
    小さなアパートメントの一室で、今まさに伝説のイクサが幕を開けようとしていた…!



    高円寺「…という話を描いてみたんですが、どうでしょう?」

    中野&仙狐「「ボツ」」

    高円寺「そ、即答ッ!?」

    中野「いくらなんでも仙狐さんの過去が壮絶すぎますってば。…俺、ラリって吐いて漏らして気絶とか酷い扱いだし」

    仙狐「『くろすおーばー』というのは難しいものなのじゃなぁ…」

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    さらに「スペース☆ダンディ」を名乗るリーゼントの男が乱入して、
    宇宙の概念を変えてしまうわけですね、分かります(違

    そして「世話やきキツネの仙狐さん」が一転してバイオレンスな展開に!
    これがクロスオーバー!コワイ!!

    というかニンジャスレイヤー=サンが登場するだけでコワイ展開になるのは必然。
    古事記にも(ry
    …時々、人情話もありますか、そうですか……。

    しかし、このセンコさん。
    きっとCVは千葉繁=サンですね!w

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 − five =

前の記事

トモカズ参戦