AGP-PCIe変換アダプタ


AGP-PCIe変換アダプタのサンプルが入荷、近日発売予定
(情報元:AKIBA PCHOtline!

本来のパフォーマンスを発揮することは出来ないでしょうけど、
AGPタイプのVGAを再利用できるので、一見利用価値があるようですが。

ただし、正式に対応するビデオカードはNVIDIA製チップを搭載した一部製品に限られ、同社のGeForce 6800、GeForce FX 5900 XTを搭載したカードなどが対応品として挙げられている。

今、私が使っているVGAがRADEON9800PROなので
この時点ですでに私は対象から除外なんですね・・・。

また、基本的にはLowProfileサイズのビデオカードと組み合わせることが前提となっており、標準サイズのカードを挿した場合はPCケースの拡張スロットからはみ出る格好になる。

LowProfileサイズのVGAって、まず種類が少ないし、
性能的にはあまり芳しくないモノが多い気がするのですが。
まあ、VGAにこだわる人は、最初からPCIeのVGAを買うでしょうから
問題ないと思いますが、PCIeにも安いVGAはたくさんあるので、
このような変換アダプタの需要は正直微妙だと思います。

そういえばこの手の商品でSlot1とSocket370が両方使えるM/Bとか、
Socket754とSocket903が両方使えるM/Bとか、
正直商品としては微妙なモノがありましたよね。

これも移行期が生み出したモノなんだろうなぁ。


AGP-PCIe変換アダプタ” に対して1件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    自作筐体なら問題ナッシング(´・ω・`)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

two × 4 =