VAIO type U <ゼロスピンドル>モデル


気が付いたらもう6月もおしまい>挨拶

本当に今年の6月は早かった。
そして暑かったよ…。
あと夏コミまで一ヵ月半か。

「ZERO」がもたらす幸せってなに?──ソニー「VAIO type U <ゼロスピンドル>モデル」 (1/3)
“0スピンドル”VAIO type Uが発表──ワンセグ対応のサプライズも
ITmwdia +D

16GBと容量は少ないですが、本格的にフラッシュメモリー起動ドライブとして
採用された「VAIO type U」の噂の新機種が発表されました。
これにより、システムの起動や復帰(約1.5倍)、プログラムの起動(約3~6倍)
が速くなるほか、重量がHDDモデルより約27グラム軽い約492グラム、
バッテリーの駆動時間はHDDモデルより約30分長い約4時間(CoreSoloのみ)
といった恩恵が受けられるようです。

記憶媒体の容量以外は良いこと尽くめで、非常に魅力的ですが、
キーボードの使い勝手の悪さがどうにかなればなぁ…と、ついつい思ったり。
ワンセグチューナーも付いているし、動画プレイヤーとして最適だと思いますが、
外で原稿を打つどころか、ブログの更新もちと骨が折れる作業かも。
なんだか、冷静に考えてみると

某氏がポータブルエロゲプレイヤーと言ったのもうなずける気がする

でもハードウェアの限界に挑戦したと思われるマシンだから、
ものすごく魅力的に見えてしまうのも確かなんだよなぁ…。

W‐ZERO3を動画プレイヤーとしてしか使っておらず、
エロゲもぶち込んだことがある私にはある意味ぴったしなマシンですが。

とりあえず某氏の買った現物を見てみたい今日この頃。


VAIO type U <ゼロスピンドル>モデル” に対して4件のコメントがあります。

  1. フレッツ より:

    NAND型フラッシュメモリって読み書き限界があったと思うんですけど
    最近って、なくなったのかな?

    確か同一ブロックは10万回の読み書きしか保障していなかった気がするんですよね。
    と、ぐぐってみた。
    やっぱ、縛りはあるようですね。今は10万よりは多いみたいですけど。
    と、なると、HDDみたいなシステムブート域で同じブロックにアクセスが集中すると、そこだけ駄目になりそうな気もしないことも。

    まあ、読み書き制限の前に端末自害が壊れるor新しい端末を買う

    と、言うことになりそうですがw

  2. s-diy より:

    ソニータイマーの正確さは異常w

    という話はともかくとしてソニーは積極的に新しい技術を取り入れる
    のですが、耐久テストに関してはかなり甘いところがありますから…。
    そこらへんが改善されればソニー製品も信頼できるようになるんですけどねぇ

  3. kushii@某氏? より:

    2年間に5回もワイド保証を使ったわたしがやってきましたよ(´ー`)
    年間2回以上の割合で修理してもらったことになりますね(ぉ

    まあ、こんなVAIO使う人、DQ●率高そうだしね
    そりゃへんな使い方もされますよ、壊れますよw

    そんなのだからデータは常に母艦に入れておくのが通例なので
    フラッシュは使い捨ての方向で使ってみます、はてさてどれほど持つのやらw

  4. s-diy より:

    レポ宜しく頼みます。
    出来れば実機にも(ry

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 − 1 =

前の記事

ジダンの髪