イケメンとキモメンの絶望的な差


これは2ちゃんねるのモテない男板(略して喪板)で、
日々展開されているスレタイである。
内容は仮に同じ内面を持っていたとしても、イケメンとキモメンでは
こんなに評価のされ方が違うというつらい現実を、あえてネタすることで
笑いの種にするというスレであり、このことはあの『電波男』にも紹介されている。

・・・、つーか前々から私このスレをよく見ていたのですが(‘A`)

私なりに例を上げると

イケメンがパソコンを自作している
→パソコンに詳しいのね、ステキッ☆

キモメンがパソコンを自作している
なんでわざわざパソコンを自作したりするわけ?キモッ

イケメンがブログを開設している
→どんなこと書いているの?見たいわ~

キモメンがブログを開設している
どうせくだらないこと書いてんでしょっ、フンッ

イケメンがDVDレコーダーを持っている
→技術の最先端を持っているのねっ、スゴイわっ!

キモメンがDVDレコーダーを持っている
どうせしょうもない番組ばっか撮っているんでしょ、プゲラ

・・・、あっさりと三つのネタが書けてしまうのはどうかと思う。
ま、喪男ですから(‘A`)

私はこのネタは土屋賢二氏が最初に言ったのだと推測している。

土屋氏は著書『われ笑う、ゆえにわれあり』の『愛ってなんぼのものであるか?』で、
女性に好かれるか嫌われるかは内面ではなく、最終的に外見で決まると
上のような例えを出して言ってのけたのである。

私は高校生の頃、この本を読んでえらく説得力があると感じたことを憶えている。
そして今の私もレビューをしてしまうくらい『電波男』を読みこんでいる。

この辺の感覚は高校の時となんら変わってなんですねぇ。
『三つ子の魂百まで』とはよく言ったもんだ。

・・・え、何か違うって?


イケメンとキモメンの絶望的な差” に対して2件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    世知辛い世の中じゃの(゚Д゚;;;

  2. s-diy より:

    ま、極端な例なんですけどね~。
    スレを見ると「うわぁ、あるよねそれ・・・」と思うことが多いです'`,、('∀`) '`,、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

3 × 2 =