フォーエバーイチロー


フォーエバーイチロー>挨拶

イチロー選手が第一線を退く意向を発表。
正直、もうそろそろかなと思っていたので、
驚きはしないものの、寂しくは思ったりします。
野茂英雄がメジャーにおける日本人投手のパイオニアならば、
イチローは間違えなく日本人野手のパイオニア

それくらい日本人野手のメジャーの壁は厚かったのです。
イチローの活躍が無かったら、松井秀喜のメジャー挑戦も無かった…、かもしれません。
まずはイチロー選手、お疲れ様でした。

今なお“アニメの聖地巡礼で南極に行く”猛者 20年毎日更新を続ける「ろじっくぱらだいす」が最後のテキストサイトとして残り続ける理由

こちらはいつまで現役で続けるのか気になります

そんな「ろじぱら」へのインタビュー記事。
気になって「ろじぱら」の過去ログを見直していたら、
ド近眼なので、またレーシックを受けたくなったじゃないか!

…最近は、ICL(インプランタブルコンタクトレンズ)なんてものもあるみたいですね。

それはそれとして「ろじぱら」へのインタビュー記事。
まさか南極圏でネット回線があるとは知りませんでした。
…まぁ、わずかでも生活している人はいるわけですし、
1年に1度?はAmazonから荷物が届くわけで、決して未開の地ではない。
そんなことを実感した次第です。
最後のフロンティアなんて言えたら、カッコいいんでしょうが

そしてほぼ更新している件については分かり味が強いというか。
私も14年以上毎日更新していますが、
生活環境の変化が小さいのは大きいなと

私もこの14年間。
生活環境の変化はあっても大きくは変化しませんし。
というか、大きく変化していないからこそ止めるきっかけも無くしたというか
そんな一抹の寂しさを感じた今日この頃。

…まずは15周年までは続けたいなぁ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

4 × 1 =