ツインドライヴとゼロシステムという夢のコラボ


だからこそ気を抜くな。あんな執念は俺達にはない>挨拶

PS4版バーチャロンこと、「電脳戦機バーチャロン マスターピース 1995~2001」。
そのオンライン対戦での話……らしいです(マテ

どこもオンライン対戦は修羅の国だからね、仕方ないね♂
もはやニュータイプ疑惑者しかいない秋葉原のゲーセンばりに、
上級者しかいないオンライン対戦。
クラス別という理念は意外と大事なのかもしれません。

そして細々とグループ派遣ゲームと化している「Gジェネ クロスレイズ」。
それでも案外バカに出来ないもので、
気がつけばダブルオーライザーやダブルオークアンタの開発が完了。
これでダブルオークアンタフルセイバーまであと少し……。
だと思われます。

ELSクアンタは開発出来ないので、
「劇場版OO」EXTRAレベルのステージをクリアしなければならないわけで。
なんとか早めに手に入れたいところです。

あ、そういえばオプションパーツで「ゼロシステム」を手に入れました。

ゼロシステム – スーパーロボット大戦Wik

『第2次Z再世篇』においては「ゼロシステムがイオリア計画の一環としてソレスタルビーイングによって製造され、ツインドライヴと共に同じ機体に積み込まれる予定だった」という驚愕のクロスオーバーがある。

つまり「スパロボ」で出来なかったことが、「Gジェネ」で出来るわけだな!
……まぁ「Gジェネ」では、ゼロシステムに
性能の優位性があるわけではないのですが(多分)

約10万円のRyzen 9 3950Xが朝一で完売!開店前にできた各ショップの行列をチェック

私だったらツクモeX.に行ったな

ってことは、私は買えなかった可能性が高いわけか。
全く並んでいないので、意味のない話ですが

ちなみに友人からは「いい加減ディスプレイ買い換えろ」と言われています。
4:3の17インチ(1280×1024)ディスプレイだからね、仕方ないね♂


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

eight − eight =