地味にREALFORCEユーザー10年戦士です


10年以上振りに「忍者ツールズ」からメールが来て驚いた>挨拶

といっても、サービス終了のお知らせですが。
さすがにこれは送ってくる罠……。
忍者カウンターにはお世話になりました、ハイ。

東プレ初のマウス「REALFORCE MOUSE」登場。キーボードと同じ静電容量無接点方式スイッチを搭載

店頭予想価格は19,000円前後の見込み。

アッハイ

キーボードの方のREALFORCEを愛用している私が言うのもなんですが、
流石に高すぎませんかね、これ……。

とはいえ、

REALFORCEのキーボードと同じく、荷重の変化がなだらかで、“フェザータッチ”と柔らかな呼ばれるクリックが可能。接点がないため非常に静かであるほか、その特性上チャタリング(二重入力)も起きず、耐久性は5,000万回に達している。

私が髙いマウスを使わない理由が耐久性が低いというのがあるのですが、
その問題点が解消されているなら、ありかもしれません。

とはいえ、私がキーボードのREALFORCEが買った時も、
清水の舞台から飛び降りる勢い。
もとい、結構悩んで買っていたことを考えると、しばらくは静観しそうです。

個人的にはMX Master 3と比較してしまうのですが、
ロジクールは慢性的なチャタリング病があるわけで。

ある意味対象的な製品かもしれません。
そういや友人が中のスイッチを交換して、チャタリングを直した。
意外と簡単……らしいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

15 + 1 =