クイズ迷探偵ウンナン


肉いいわね>挨拶

個人的に行ってみたいのが、
倉田てつをさんがオーナーの「ビリー・ザ・キッド」東陽町店。
とはいえ、本人がいるとは限らないですし、
仮にいたとしてもマトモに話せる自信は無いので、なかなか足を運べませんが……。

一人ラーメンがデフォの私ではありますが、
地味に一人ステーキの壁は高い気がします。
まぁ、一人カラオケもする気がないあたり、意外と一人〇〇は苦手なのかもしれません。
一人映画はデフォですが

でも、近いうちに行こうと思います。
無論、一人で

なんでしょう
ものすごい既視感が
きっと薄くて高い本で見たんですよ

……ガルパンおじさんの年齢層が分かる気がします(マテ

SNKの「クイズ大捜査線 ~THE LAST COUNT DOWN~」など、クイズゲーム3作のサントラが発売決定。予約開始!

「クイズ大捜査線 ~THE LAST COUNT DOWN~」、「クイズ大捜査線 ~THE LAST COUNT DOWN~」

迷探偵ネオ&ジオが活躍のアレですね、分かります。
で、ウッチャンナンチャンそっくりさんの曲は収録されるのでしょうか
そもそもそんな曲は無いんじゃなイカ?

ちなみにウッチャンナンチャンばかり取り上げる私ですが、
田中邦衛のそっくりさんなども登場する模様

クイズ迷探偵NEO&GEO クイズ大捜査線パート2 – ゲームカタログ@Wiki ~名作からクソゲーまで~ – アットウィキ

劇中の登場人物はほぼ全て実在する芸能人のそっくりさんである。上述のように、グラフィック(ドット絵)の出来が非常に良いので本当に良く似ている。
「時を越えた愛」では…
森繁○彌そっくりの教授から依頼を受け、舛○要一そっくりの憲兵に取り調べされ、豪邸に正面から行くと入り口で横○ノックそっくりの家人に家宅侵入を疑われ*1、柴○恭兵&館ひ○しそっくりの「タイムパトロール」に取り調べされ、○ッチャン○ンチャンそっくりのマフィアコンビに追いかけられ、岩○志麻そっくりの女将に駆け落ちの許可をもらったりする。
「宇宙からの依頼人」では…
宜○愛子そっくりの女占い師に寄生した異星獣と戦ったり、藤○弘、木○憲武そっくりのバーの客から情報を聞き出したり、稲○淳二そっくりの秘密部隊(政府の秘密機関であり悪の部隊ではないが、主人公たちと利害関係が一致していない)リーダーと対決したり、顔が大○田厚そっくりの異星獣と戦ったりする。
ちなみに「アクシデント!!」で家賃を取り立てに来るアパートの管理人は田○邦衛そっくり、特殊な形式のクイズのルール説明をするおじさんは福井○雄そっくりである。
実はこれでも押さえ気味で、前作『クイズ大捜査線』は当時の海外の名優からも際限なくお顔を拝借していた。

(確かに)肖像権って何だろう

……ま、いっか!!
(「スペースハリアー」のドムを見ながら)

でもシナリオはよく出来ていると思います。
連コインしてもプレイしてみたいと思ったりするぐらいですし。

ちなみに現在の知識だと間違いになる問題もあるので、地味に注意です。
(「貴乃花」が、まだ「貴花田」にだった時期にリリースされているので)


クイズ迷探偵ウンナン” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >連コインしてもプレイしてみたいと思ったりするぐらいですし。

    むかーし、駄菓子屋ゲーセンでプレイした際に
    店側が調整してくれたのかライフがやたら多く設定されており、
    「「時を越えた愛」」は力技でクリアしたことがあります
    (「宇宙からの依頼人」はラスボス戦が「一定数間違えると地球が滅んでバッドエンド」という仕様なのでクリアできなかった)。

    あまりにも酷い肖像拳(誤字にあらず)関係ばかり注目されがちですが、
    グラフィックがドットとは思えないほど綺麗なうえ、
    簡単なアクションをする(口パクしたり、誤答すると嘲笑するなど)
    など、技術の無駄遣いっぷりも地味に見ものだったりしますw

    あと、警官や憲兵に目を付けられて連行されかけても
    クイズに正解すれば見逃してもらえるばかりか、
    地球の破滅をもクイズに正解してノルマをクリアすれば阻止できるという
    遊〇王もビックリなクイズ至上主義の狂った世界観もキておりますねw

    サントラだけでなく、ゲームそのものも復刻して欲しいものですが、
    さすがに無理だろうなぁ…(冝保〇子など、故人も多いですし)。

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    クリアしたんですか、すごいですね……。
    「時を越えた愛」でもラスボス戦で負けるとバッドエンドなので、
    結構厄介だった記憶があります。
    あと、私は記憶力がアレなので……w

    言われれば確かにアーケードの性能を活かしたグラフィックや、
    ムカつく(マテ 嘲笑のアクションなど非常に良く出来ていた記憶があります。
    それもゲームを盛り上げる要素になっていたんでしょうね。

    >遊〇王もビックリなクイズ至上主義の狂った世界観

    なんでも麻雀で解決する麻雀ゲームが溢れているので、
    そのへんはある意味、スタンダードなのかもしれませんねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

five × five =