11月11日は「チンアナゴの日」


~鬼滅のどうでしょう~

生殺与奪の権をミスターに握らせるな!!
(サイコロキャラメルを握りしめながら)

きっと劇場版である「無限列車編」では、
ミスターが尻の肉を取れる夢を見る

寝ている大泉洋を起こす際は、
「起きろスズムシ」と叩かれているに違いありません。

……最近、節操なくコラボ。
もとい、仕事を選ばないことで定評がある「鬼滅の刃」。
そろそろ「水曜どうでしょう」とコラボしませんかね?

それにしても昨今の「鬼滅の刃」ブーム。
両津勘吉が1枚噛んでいるとしか思えない件について

ということは、大原部長がキレたらブーム終了ということでしょうか。
両津のバカはどこだ!!!

【両津のバカはどこだ!】『こち亀』の大原部長オチを18コマ集めてみた

200巻でもやっていたのか、これ

さすが定番ネタ。
伊集院光がラジオで「こち亀」は、

・最新技術の話
・少年時代のいい話
・大原部長が怒る話

で構成されていると言っていただけありますな!
最後はただのオチなのでは?

きっと「銀魂」でもパロディを……と、思いましたが、
「こち亀」も「銀魂」も完結して久しいわけで。
ガチで最近の週刊少年ジャンプの連載陣が分からない今日この頃です

コンビニ寄る機会も減ったからね、仕方ないね♂


11月11日は「チンアナゴの日」” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >生殺与奪の権をミスターに握らせるな!!

    全集中の呼吸でサイコロを振った挙句、
    高知を出して大泉に痛罵されるんですね?わかりま(ry

    …そして舞台は「無限列車編」から「お遍路編」へ…w

    >ミスターが尻の肉を取れる夢を見る

    一方の大泉は目を開けたまま寝ている、と(ぉ)

    >仕事を選ばないことで定評がある「鬼滅の刃」

    某キティさん「呼んだ?」

    少年ジャンプの人気漫画にしては珍しく、割と常識的な巻数で
    終わったと思っていたら、コラボ祭りで稼ぐ腹積もりだったとは。
    コレは間違いなく両津が一枚噛んでますわァ…w

    >大原部長オチ

    戦車や銃器の描き込みが細かいあたりに、
    秋本治先生のこだわりが伺えますねぇw

    …にしても、麗子はこのオチでは「キャア」しか言ってねーな…(;・∀・)

    >で構成されていると言っていただけありますな!

    一応「両津の借金話」とか「各種蘊蓄話」など、
    他にもいろいろなネタの話があるとは思うのですが、
    たしかにだいたいその3つで構成されている気もしますねw
     
     
    このあたり、以前提唱(?)させていただいた、異世界ものの作品が
    「俺TUEEE系」「俺最弱系」「異世界でも元の世界と同じ事やってる系」
    の3つに大別できる、という話とも通じるものがある気がします。

    なお、「異世界おじさん」は…一応分類外でしょうか?
    推理小説でいえば「ノックスの十戒」を逆手に取った作品、みたいな?

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    >…そして舞台は「無限列車編」から「お遍路編」へ…w

    その間のシーンは「さよなら、ミスター」ですね、分かります。
    その2分の1の確率を外すのはさすがミスターというかw

    サイコロ6は個人的には好きな企画です。
    視聴率が惨敗だったらしいですがw

    >一方の大泉は目を開けたまま寝ている、と(ぉ)

    あれ、地味にホラーでしたよね…w

    >某キティさん「呼んだ?」

    キティさんも最初は叩かれていましたが、
    途中から本当に仕事を選ばないっぷりに畏敬の念が付いてきて、
    さすがだなぁと思った記憶があります。
    突き抜け過ぎて、アンチまで認めさせた「テニプリ」みたいだぁ(マテ

    秋本治先生はミリオタでもあるので、描き込みはさすがですよね。
    オチはパターン化という王道化していますがw

    >一応「両津の借金話」とか「各種蘊蓄話」など、

    商店街の人達のボーナス争奪戦や、
    海外のバンドが来日した際の箱の広げ方など、
    複数の話がありますよね。
    それらの話でも、最後は大原部長に怒られるパターンもある気がしますw

    >「俺TUEEE系」「俺最弱系」「異世界でも元の世界と同じ事やってる系」

    意外と異世界でも出来ることは少ない。
    というか、人間出来ることはそんなに多くないということなのかもしれませんね。
    異世界転生で最強になったはいいけど、やっぱりソロのまま。
    ある意味、最弱というおじさんもいますがw

    >「ノックスの十戒」を逆手に取った作品

    というのは言い得て妙なのかもしれませんねぇ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen − twelve =