「シン・伝説巨神イデオン」と「シン・風の谷のナウシカ」は見てみたい


腹が……減った……>挨拶

なんて思う「シン・ウルトラマン」の出で立ち。
きっとゴローちゃんが変身するんですね、分かります

……違いますか、そうですか。
あと以前から言われていますか、そうですか……。

それにしても「シン・ゴジラ」に「シン・エヴァンゲリオン」。
そして製作中の「シン・ウルトラマン」に「シン・仮面ライダー」。
この調子なら、「シン・ゲッターロボ」。
そして「シン・マジンガーZ」も制作されそうですな!

真ゲッターロボ「世界最後の日」 公式サイト – V-storage
真マジンガー衝撃!Z編

……もうありますか、そうですか。

あと、あるとすればなんでしょうか?
庵野監督が好きそうなのは「シン・機動戦士ガンダム」よりも、
「シン・伝説巨神イデオン」な気がしますが
冨野さんならむしろ、イデオン

他にも「シン・風の谷のナウシカ」を見たい気がします。
アニメの終わり方が、実は「ここからが本当の地獄だ」なあたりを考慮すると、
本当の地獄が待っている気がしますが

かぎなど #9「主人公など」

永遠はあるよ ここにあるよ

あ、「ONE~輝く季節へ~」は会社が違いますか、そうですか……。
(※実質、同じスタッフが制作したと言われている)

しかし、いきなり出杉田こと杉田智和さん。
さらに中村悠一さんという豪華声優陣。

「ポプテピピック」みたいですね

……なんでもかんでも「ポプテピピック」言うの止めような、私。

シュールなPCケース用の「足」

ナマモノ感がすごい

なんていうか、シュールを通り越して、
本気で「ナマモノ」と思いましたw
なんていうか、無機物なモノに対し、有機物が付くと思った以上にシュール。
というかナマモノ感が満載になるなと感じます

つまりイトウくんやタンノくんのPCを作るには、これを使えばいいのか……w


「シン・伝説巨神イデオン」と「シン・風の谷のナウシカ」は見てみたい” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >ナマモノ感がすごい

    「Three Dirty Dwarves」かな?(違)

    (参考)tps://www.youtube.com/watch?v=Y5hchEqkRZc

    17:27以降を参照。
    最初はただの(?)スポーツジムですが、一定のダメージを与えると
    ビルに足が生えて自走してきます。きめぇ!(;´Д`)

    このビルの窓から投げてくるバーベルにプレイヤーキャラが当たると
    そのキャラは気絶してしまいますが
    (ちなみに気絶したキャラは近づいて殴ると復帰させることが可能。3人全員が同時に気絶するとゲームオーバー)、
    バーベルの代わりに時折投げてくるプロテイン缶に当たると
    当たったキャラはマッチョになって戦闘不能になりますw

    タイトル通りに小汚く、ブラックジョーク溢れるゲームではありますが、
    ユニークで他に無い独特なゲームシステムや良質な音楽など、
    サターンの知られざる良作と言って良いかと思うのですが、どうか。

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    >ビルに足が生えて自走してきます。きめぇ!(;´Д`)

    まさにまんまですね。
    そして気持ち悪いw
    中にいる人はなんでダンベルなどを投げつけているのか。
    地味に謎だったりしますねw

    プロテインでマッチョになる演出や音楽の良さといい、
    隠れた名作な気がします。

    ……単純にサターンは持っていなかったので、詳しくないのもありますが。

    それにしても3人同時に気絶するまでゲームオーバーではない。
    なんともゲーム性が広がりそうなシステムです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

nineteen + seven =