サイト更新、結婚限界説


「先週買った弁当がまだ食べられるか悩むデビルマン」ですね、分かります>挨拶

オフレポ関連 – LOGIC&MATRIX

こちらを参照。

今見ると本当に懐かしい……。
もとい、豪華なメンツです。

今では更新していないサイトもあれば、
そもそもサイトが消滅しているところもあったりするわけで
場合によっては自業自得なサイトもありますし

なんていうか、色々と思うところはあったりする2022年春。

しかし、「LOGIC&MATRIX」の遊星さん。
ここまでの文才がある人が更新しなくなるのは残念。

さらに言えば、結婚してお子さんが産まれるというのは、
それだけ時間が取れなくなるんだろうなと実感します

それこそ「マンガがあればいーのだ。」のたかしぃさんも、
結婚した時点では問題なく更新していました(?)が、
お子さんが産まれてからは一気に更新が減った感がありますし……。

これはアマチュアの絵師さんにも言えることで、

・就職

・結婚

・お子さんが産まれる

と過程を踏むことで自分の時間が取れなくなり、
段々と更新を続けるのが難しくなる

という具合だったりします。
逆を言えば、環境が変わらない人ほど更新を続けられるという話。

つまりコミケ参加者の未婚率が高いのは当然の帰結だったんだよ!!

ΩΩΩ<な、なんだってー!!

それはそれとして……。
でも実際、未婚率が高かったハズ。

就職や結婚、お子さんが産まれる過程を踏むことで、
趣味を続けられなくなる人が減っていくのは確か

実際、絵を描くにしてもテキスト更新するにしても、
時間が掛かるからね、仕方ないね♂

個人的には「サイト更新、結婚限界説」なるものを唱えていて、
就職で続けられなくなる人よりも、
結婚で続けられなくなる人も多い印象があったりします。

遊星さんに関しては、3人目のお子さんが産まれたのが決定打。
という感じではありますので、むしろよく続けられたなという印象ですが……。

こういう過去のサイトを見ていると、懐かしくもあり、
テキストサイトがシーラカンスみたいな扱いになっているとも感じます

今はSNSの時代ですが、140文字で文字数制限もありますし、
何よりタグ打ちが出来ない時点で不便なのじゃんよ

……私もシーラカンスですか、そうですか……。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one + 16 =