実質、アイマス


「RacingLagoon」だと……?冗談じゃねぇ……

これはGamesやHobbyAnimeじゃねぇ……。
夢の車なのさ……。

そう、まさにDreamCar……。

……ていうか、懐かしいな「レーシングラグーン」

レースゲームと思わせといて、実はポエムゲーム
名は体を表す……そう言うことさ……。

……ごま塩程度に覚えておいてくれ

【レーシングラグーン】ヨコハマ追い剥ぎ紀行 第1回

commentもpoem……それが俺達のrule……

そういや、まだ途中だったなぁ……。
第70回ぐらいまでは見たのですが。

開発者の「記者イジメ」に遭いながらもそのマシンが欲しくなった、その背景にある熱い物語

実は、筆者は今夏、日産GT-Rの最終モデルの1つともうわさされている、日産「GT-R nismo Special Edition」をオーダーしてしまったのだ。

日産、「GT-R NISMO」2022モデル正式発表前に完売 先行公開後約3か月で予約注文が300台超え

2021年8月5日 発表
GT-R NISMO:2420万円
GT-R NISMO Special edition:2464万円

Oh……

大体、都内の1LDKマンションが買えるくらいの値段?ですね……。
でも、こういうお金の使い方が出来るのは凄いですし、
羨ましいなぁとも思ったりします。

改めてスポーツカー。
そして「GT-R」を買い続ける西川善司さんってすごいなぁ……。
と、思ったりするわけで。
私もたくさんの収入があったら、こういう車買えるのだろうか?

……いや、無理カナー?
(小心者だし)

ポプテピピック 再放送(リミックス版) #3「ザ・ドキュメント」

実質、アイマス

つまりポプちんは、765プロ所属の可能性が微レ存……!?
早く「ポプテピピック」と「アイマス」でコラボしないかなぁ……。

ポプちんが速攻で不祥事を起こす未来しか見えませんが

そして今回のリミックス版こと、再放送の再放送で分かったこと。
台本は投げ捨てるもの

もはや、台詞の体をなしていないですよね?斉藤壮馬さんw
前回がフリーザ様こと中尾隆聖さんだったからね、仕方ないね♂

今回、今井麻美さんのピピ美ターゲットにされる大川ぶくぶ先生。
葬式の喪主は、中村悠一さんとマフィア梶田さんでしょうか

Bパートではターゲットにされる代わりに黄金銃について言及。
「ニンテンドー64」の「ゴールデンアイ」、移植されないかなぁ……
もしくは「ニンテンドー64ミニ」が出るとしたら、収録オナシャス!!


実質、アイマス” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >懐かしいな「レーシングラグーン」

    エェクセレントォー!

    …それは「CODE-R」ですかそうですかw

    それにしても「ヨコハマ追い剥ぎ紀行」てw
    芦奈野ひとし先生に謝れ!(#^ω^)

    90年代~2000年代ごろの月刊アフタヌーンの漫画は
    (主に良い意味で)印象深い作品揃いでしたねぇ…。

    >つまりポプちんは、765プロ所属の可能性が微レ存……!?

    某プロデューサー「やめとけ、給料安いんだろ?」

    >葬式の喪主は、中村悠一さんとマフィア梶田さんでしょうか

    葬儀は竹書房の社葬の扱いなんですね?わかりま(ry

    >「ニンテンドー64」の「ゴールデンアイ」、移植されないかなぁ……

    黄金銃はN64のゲーム版「ゴールデンアイ007」にて、
    その超性能(敵に当たりさえすればどこに当たっても一撃死)と
    一度に1発しか装填できないという漢らしい仕様のため、
    対戦モードで人気の武器だったらしいですが、
    実際の映画「ゴールデンアイ」には黄金銃は出てこないんですよねー
    (黄金銃が出てきたのは映画「黄金銃を持つ男」で、使用者は乳首が3つある凄腕の殺し屋「フランシスコ・スカラマンガ」)。

    あと、実際の黄金銃はなんというか…物凄くダサいです(;^ω^)
    もともとスカラマンガの殺しのスタイルに合わせて
    暗殺に特化した性能の銃として特注されたためか、
    普段はバラバラに分解して様々な小道具に偽装
    (銃身は万年筆、グリップは煙草入れ、スライドはライター…など)
    しているため、銃としての使い勝手は見るからに悪そうなんですよねー。

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    >…それは「CODE-R」ですかそうですかw

    コンバット越前の声の人もモブでいるからね、仕方ないねw

    >芦奈野ひとし先生に謝れ!(#^ω^)

    舞台は同じ横浜だからね、仕方ないね♂
    ……随分と世界観が違いますか、そうですかw

    >月刊アフタヌーン

    00年代は「げんしけん」とか、個性派は薄れた感じがしますね。
    それでも「あぁ女神様」は変わっていないのが恐ろしいですがw

    >某プロデューサー「やめとけ、給料安いんだろ?」

    もう野沢那智さんと内田直哉さんで「ポプテピピック」を……。
    降霊術でも使わないと無理ですか、そうですか……。

    >葬儀は竹書房の社葬の扱いなんですね?わかりま(ry

    そして最後に竹書房の社屋を破壊する……っと(マテ

    >黄金銃

    そんな仕様があったとは……。
    ウチには64が無かったので、そんな仕様とは知らず。
    なかなかに漢らしい設定だったのですね。

    でも原作には出てこないとは……。
    あくまでもゲームならではのお遊び要素だったのかもしれませんね。

    >あと、実際の黄金銃はなんというか…物凄くダサいです(;^ω^)

    説明を読んで確かにダサいと感じました。
    使い勝手が微妙なのは、使い勝手より見た目を重視する。
    映画の世界ならでは?なのかもしれませんねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

4 × five =