いやあ、「まおうのつかい」は強敵でしたね


そういや、松本零士先生じゃないのね>挨拶

なんてことを思ったコミックマーケット99のイラスト。
新型コロナウイルスをめぐるゴタゴタですっかり忘れていましたが……。

確かC88の時の第三回拡大集会午前の部だったと思います。
そこで共同代表の誰か(筆谷さん?)が、
C99のカタログ表紙は松本零士先生に担当してもらう。
的なことを言っていた記憶があるのですが。

やはり松本零士先生には、
コミックマーケット999の表紙を担当してもらうしかありませんね

……大丈夫です。
松本零士先生は機械の体を手に入れているに違いないので

苦行クエストⅥ Part12

今回は伝説の武具回収回

自分探しの旅をしていると思ったら、
いつの間にか伝説の武具を集めていた主人公たち。
一体、何故こうなったのか。
そして当時のプレイヤーである私はどうして疑問に思わなかったのか

時々思い出して、疑問に思います。
主観って意外と盲目だよなぁ……。

そんなわけで、伝説の武具を探している一行が迎えるイベント。
下の世界におけるライフコッドのイベント回でもあります。

……もうライフコッドの村民だけでいいんじゃないかな?(マテ

いや、「ずしおうまる」など終盤の的に対抗出来るライフコッドの村民。
そりゃ「ライフコッド」でググると、
「ライフコッド 戦闘民族」という変換候補が出ますわ

そして、そんな「ずしおうまる」たちを撃破。
撃破後も戦うのは、強敵である「まおうのつかい」。

融合しない状態で戦うのは強化版。
通常版のHP400に対してなんとHP1500!
さらにMPも無限かつ完全2回行動!!

そして数々の耐性持ち。
非常に強敵です。

……ま、デイン系は全く耐性が無いのですが

いやあ、「まおうのつかい」は強敵でしたね(すっとぼけ)

私がプレイした時は、職業「ゆうしゃ」がいませんでした。
なので非常に強敵だったのですが、職業「ゆうしゃ」がいるとここまで楽だとは……。

いやはや、「まおうのつかい」は強敵でしたね


いやあ、「まおうのつかい」は強敵でしたね” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >確かC88の時の第三回拡大集会午前の部だったと思います。
    >そこで共同代表の誰か(筆谷さん?)が、
    >C99のカタログ表紙は松本零士先生に担当してもらう。
    >的なことを言っていた記憶があるのですが。

    筆谷共同代表は「C62(=999の機関車)で999ネタをやりたかったw」
    とは言っていたようですが、担当してもらうと言ってはいなかったような。

    なお、C94の質疑応答にて、

    「新谷かおる先生が『コミケPlus』のインタビューに『C99の表紙は師匠(松本零士先生)に描いて欲しい』と答えていましたが?」

    という質問に対し、筆谷共同代表が「松本零士先生はC999で」と
    仰っていたほか、C100については市川共同代表が
    「百式ということで、永野護先生にサークルで出てもらう?」
    などと発言しておりましたっけw
    (※参考:拡大集会の各種まとめ記事など)

    >今回は伝説の武具回収回

    「好青年二人」「後ろにハッサン」「ベッドに村長」

    何も起きないはずがなく…(死ね)

    >自分探しの旅をしていると思ったら、
    >いつの間にか伝説の武具を集めていた主人公たち。

    まぁ、RPGなんてそんなもんですし(マテ)

    DQ5も最初は幼馴染と廃城探検をしていたはずが、
    いつの間にか奴隷になったり世界を救うことになったり、
    FF6も最初はリターナーの反帝国運動に力を貸していたはずが、
    いつの間にか世界が崩壊したりトチ狂った魔導師をブチ殺したりと、
    基本的に序盤と終盤の展開の落差の大きさは、
    ゲームに限らずアニメや漫画、小説など、
    「ある程度長くて連続している物語作品」の多くに
    (大なり小なり)当てはまることだと思います。

    …というかRPGのみならず、こないだネタにした
    「遊戯王」とかも、これと全く同じことが言えるんですよねぇw

    「学校とかそこいらへんでデュエルしてたガキ」が、
    いつの間にか世界を救ってたりするからなぁ…w

    >……もうライフコッドの村民だけでいいんじゃないかな?

    「魔物が村を襲撃して、一方的な殺戮と凌辱の嵐」というのは
    ファンタジー系のアニメでよくある展開ですが、
    この場合はまるで逆…とは言わないまでも、
    魔物側が相当に苦戦を強いられている感じがありますよね。
    今だったら「なろう系作品にありそうな展開」というかw 
     

    …ついでに、このイベントでは魔物襲撃のどさくさに紛れて
    ランドを始末するイベントが欲しかったデス(問題発言)

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    情報ありがとうございます。
    どうやら記憶が混濁していた模様です。
    ていうか、新谷かおる先生がおっしゃっていたのですね。

    市川共同代表もおっしゃっていますが、C100はカタログが百式がいいなぁ……w
    あとC86のカタログ表紙はしげの秀一先生に描いて欲しかったですw

    >「好青年二人」「後ろにハッサン」「ベッドに村長」

    ウホッ!
    特にハッサンはいい男だからね、仕方ないね♂

    >まぁ、RPGなんてそんなもんですし(マテ)

    確かにw
    言われる通り、「FF6」は帝国に対してのレジスタンス活動をしていたと思ったら、
    いつの間にか世界が崩壊するわ、世界を救うことになっているわ……。

    どれもプレイヤー視点で見ればなし崩し的になので、
    意外と違和感が無い(?)のですが、第3者視点で見ると「アレ?」って思いますよねw

    >今だったら「なろう系作品にありそうな展開」というかw 

    確かにw
    実はその村は魔王を封印した一族の末裔で村民がめちゃくちゃ強い。
    どっかのラノベでありそうだなぁ……w

    >ランドを始末するイベントが欲しかったデス(問題発言)

    ランドは暗殺すべし、慈悲は無い。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

5 × one =