関サバじゃねぇ!!


せやな>挨拶

つい先日まで夏だった気がしたのに!

……それは流石に昔過ぎですか、そうですか。
でも年を追うごとに暑い時期と寒い時期が短くなっている感覚。
もとい、忘れがちになっている気がします。
どこに行ったんですかね、春と秋
コミケも無いから無いよ

なんとか、春は覚えているのですが……。
本当に秋って存在するのだろうか。
ボブは訝しんだ

千値練、透明デザインの「超光戦士シャンゼリオン」をフィギュア化! 本日より予約開始

「ちゆ12歳」で知った(クソリプ)

ちなみに主人公は、「仮面ライダー龍騎」で仮面ライダー王蛇。
もとい浅倉威役の萩野崇さん。
浅倉威とは真逆のキャラである涼村暁役を演じております。

超光戦士、DVDに燦然!か?(ちゆ12歳)

普段は割と距離感を保って記事を書いている「ちゆ12歳」が、
やたらめったら熱く書いていたのが印象的だった本作

ちなみに私のコミケの師匠にあたる方も大好きだそうで、
DVD-BOXが発売した際は、購入すると話されていた記憶が。
私自身は本当に見たことがないので、恐縮ではありますが

超光戦士シャンゼリオン – Wikipedia

組織ではなく種族であるため、上下関係がそれほど強いわけではなく、幹部に対して反抗的な態度を取る者もいる上に、各々が自分勝手にラームを捕食するために活動している。また人間を「食料」として見ているが思考・行動様式は人間とほとんど変わりがなく、多くがごく普通に人間社会に溶け込んでいる。そのため、従来の特撮怪人とは異なり人間を強く見下してはおらず、むしろガウザー/黒岩省吾のように人間に恋愛感情を抱く者もいる。中には人間界の生活に適合不全を起こした挙句ディープな趣味に走る者、人間関係に疲れて胃潰瘍になる者や、うつ病となって自殺する者さえいる。

そんな敵の組織である「ダークザイド」。
敵の組織も楽ではない模様

いや、超絶ブラックな職場に定評がある悪の組織。
でも切なさ炸裂が酷いというか、そんな組織見とうないでござるの巻というか。

現代のブラック企業を連想してしまいます。
割とマジで

あとなんていうか、「Yes!プリキュア5」の「ナイトメア」を連想します。
いやぁ……、ブンビーさんは素敵なキャラでしたね

サバの生食は危険だからね!
違う、そうじゃない


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

two × three =