空気の読まない大人の本気っぷりが素敵(外野の意見)


先生、生きて>挨拶

良かった……。

じゃあ先生。
「ドキばぐ」の原稿描こうか
「ドキばぐ」は不定期連載じゃよ……

1つだけ物騒な作品が混ざっている件について

全く!「吸血鬼すぐ死ぬ」なんて主人公(?)がすく死ぬ。
そんな作品をぬり絵にするなんて……。

……全く!ジョンが可愛すぎていかんですな!!
ヌーを讃えよ

それはそれとして、本当に物騒な作品である「ポプテピピック」
「プリキュア」や「あらいぐまラスカル」と混ざって、
さも人畜無害な面をしているのが素敵です
さてはアンチだな、オメー

しかし冷静になって比較すると、「アニメ店長」とか塗るのが大変そうです。
その点、作品によっては塗るのが楽だよな。
特に「転生したらスライムだった件」

個人的には、「空気の読まない大人の本気」も好きですが、
サイコな色使いをしている子供の作品も好きです>塗り絵

あの子供にしか出せないサイコな色使い。
一体、人はどこで無くしてしまうのでしょうか……(遠い目)

ファミコンの限界に挑戦したSTG「アストロ忍者マンDX」の発売日、25日に決定

どこかネオサイタマなアトモスフィアを感じる

もしくは「判断が遅い」か、暴れん坊なアトモスフィアを。

果たして、この作品にニンジャスレイヤー=サンは登場するのでしょうか?
さすがに無理だと思います

しかし、今になってファミコンのソフトとは……。
むしろ少人数でも開発可能なことを考えれば、同人向けとも言えるのかもしれません。
一方で容量との戦いでもあるのですが……。

今もゲーム開発技術もすごいけど、
昔のゲーム開発技術もオーバーテクノロジーというか……。
ドット職人とか容量削減の技術とか大概頭おかしいレベルな気がします、ハイ


空気の読まない大人の本気っぷりが素敵(外野の意見)” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >「プリキュア」や「あらいぐまラスカル」と混ざって、
    >さも人畜無害な面をしているのが素敵です

    「プリキュア」はともかく、「あらいぐまオスカル(違)」は
    手当たり次第に農作物を荒らす人畜有害な
    ぐうの音も出ないほどの畜生なのだ(ファンの人ごめんなさい)

    …実際、「あらいぐまラスカル」の最終回は

    「大きく成長して作物を荒らすようになったラスカルの面倒を見きれなくなった主人公の少年スターリングが、ラスカルを森に捨てに行く」

    …という結末らしいですからねぇ…。

    「アライグマが悪いわけではない。人間の身勝手さが一番悪い」
    ということは私も理解はしておりますが、
    アライグマは狂暴で意地汚い(体格に反して凄まじい大飯喰らい)ため、
    あんまり情けをかける気にならない生物のひとつだったりするんですよ…。

    あえて暴論を言わせていただければ、アライグマといい
    近年大繁殖して問題になっているキョン(CV:杉田智和)といい、
    片っ端から殺して食っちまえば片が付くのに、と思うのですが
    (アライグマもキョン君も肉は美味らしく、ジビエで人気だとか)。

    >どこかネオサイタマなアトモスフィアを感じる

    アイエエエ!?アストロ忍者マン!?アストロ忍者マンナンデ!?

    …アストロ忍者マン=サンの面構えといい全体的に赤い配色といい、
    どちらかというとヤクザ天狗=サンじゃなイカ?
    すまんな、本当にすまん。

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    >「あらいぐまオスカル(違)」

    なんか、フランス革命に関わりそうなあらいぐまですねぇ……w

    >「あらいぐまラスカル」の最終回

    実際、いい話っぽくしていますが、酷い終わり方とも言えますしね。
    確かに野生に返しているのですが、森に捨てに行くとも言えますし。

    >アライグマは狂暴で意地汚い(体格に反して凄まじい大飯喰らい)

    「ぼのぼの」でもそんな感じの描写がありますしねぇ……。

    >(アライグマもキョン君も肉は美味らしく、ジビエで人気だとか)

    なんと知りませんでした。
    そういえばキョン(CV:杉田智和)というか、鹿肉はジビエでも人気ですよね。
    さすが声が杉田智和さんだぜぇ……。

    >どちらかというとヤクザ天狗=サン

    確かに、どこかともかく天狗=サンなアトモスフィアが……。
    これはあからさまにヤクザ天狗=サンなのだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seventeen + 6 =