走れっ! FFベンチ!


OSをクリーンインストールしてから約2週間。
各種の設定が大体終わったので、
久しぶりにベンチマークで計測してみることに。
でもベンチマークなんてOSが98SE以来な気がw

使ったのはFFベンチのVer1とVer3

使用環境は
OS:Windows2000 SP4
CPU:AMD Athlon2500+
M/B:ASUS A7V600-X(KT600)
メモリー:サムスン製 PC3200 512MB
VGA:Canopus SPECTRA F11(GeForce2MX)

結果
Ver1:3197
Ver3:2972

確かOSが98SEだった時はVer1のスコアが2300くらいだった気がする(苦笑)。
OSが変わるだけでここまでスコア上がるのかなぁ。
相変わらずテクスチャーはボロボロですがw

しかしこれだけでは面白みがない。

そこでCPUをAthlon2500+@3200+に変更
そしてVGAのドライバーをオメガドライバーに変更

結果: ・・・、完走しねぇ orz

そういや、(゚д゚)ウマーなCPUじゃなかったなこのAthlonは。
それともチップセットが中庸のKT600だからいけないのだろうか・・・。

それよりもVGAがヤバイのか?やっぱり’`,、(’∀`) ’`,、

補足:
CPUを定格に戻し、オメガドライバーにしたところVer1のみ完走しました。

スコア:1987

しかし、テクスチャーは欠けることなく、きれいに出ていました。
オメガドライバーはnVidea社製品に関してはクオリティを上げるのが目的で、
パフォーマンスを上げるのには向いてないようです。


走れっ! FFベンチ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. kushii より:

    トラバあり~

    オメガドライバーだね、たしかに言ってるとおり再現性を重視しているドライバーだったね

    でもほかにはDNAドライバーっていうのもあったでしょ
    Catlste(ATIのOfficialドライバー)から変えたら
    実はこのスコア、純正から比べると
    +1000くらい変わったね、ありゃびびったΣ(゚Д゚;)お試しあれ

    そういや「HDBENCH」のグラフィック性能だと
    なぜかF11は現役のようなスコアという噂(落としたらスコア表が入っていた)
    2Dの表示機能(?)の部分だけだが余裕で負けているところが悲しい
    真相は実機で是非試してみて(´∀`;)ヨロシク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

thirteen − eight =