ネコやウサギがF1ドライバーになる時代


関東上空の大火球か、隕石発見…千葉・習志野のマンションで

これが新作映画「メテオシャーク」の導入部分ですか?>挨拶

当然、制作するのはアサイラム社。

おう「シャークネード」シリーズは完結しただろ。
「ジョーズ19」と共に早く製作するんだよ、あくしろよ

あ……、「ジョーズ19」は無理ですか、色んな意味で

こいつはまさにF1ドライバーですわぁ……

こいつもまさにF1ドライバーですわぁ……

当然、BGMは「T-SQUARE」の「TRUTH」でオナシャス!
F1のテーマ曲といえば、「T-SQUARE」の「TRUTH」。
そんなことを思い出す今日この頃です。
そしてアイルトン・セナは音速の貴公子

それにしても、ネコやウサギ(違 がF1ドライバーになる時代
生きてみるもんですなぁ……。

【ゆっくり実況】 アイドル八犬伝 第一回

ありがトーワキチ

なんだよ、その「おはヨーグルト」みたいのは。
と思いましたが、それ以上にゲームの内容がブッ飛んでいた件について

さすが、「トーワチキ」と「ナツメ」のタッグだな!

「キン肉マン」でいうところの……、ビッグ・ボンバーズ?(マテ

さて、そんな「東方見文録」が、同人シューティングゲームの「東方」のご先祖ならば、
「アイドルマスター」のご先祖様と言われる「アイドル八犬伝」

ある日突然、後継者争いに巻き込まれる西園寺エリカ。
上二人の姉と違い、歌うことが好きな以外に才能が無いエリカ。
そんなエリカが一念発起。
スーパーアイドルを目指すことに!

……「アイマス」かな?(違

そんな「東方見文録」にも負けない怪作(?)である「アイドル八犬伝」。
それでも安心して見れるのは何故でしょうか。
やはり発狂エンドで終わる心配が無いからでしょうか

……怪作っぷりは「東方見文録」の方が上なんでしょうね、多分


ネコやウサギがF1ドライバーになる時代” に対して2件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >「アイドルマスター」のご先祖様と言われる「アイドル八犬伝」

    そのうち頭部が「P」の形をした変な人(CV:赤羽根健治 or 武内駿輔)が
    プロデューサーとして出てくるんでしょーかね?w

    …っと、その前に左手にサイコガンを仕込んだ野沢那智ボイスの
    宇宙最強のプロデューサーを忘れてはいけませんな !(゚∀゚)

    >やはり発狂エンドで終わる心配が無いからでしょうか

    「ナツメコワイナツメコワイナツメコワイ…」

    壊れたモーターヤブ改善めいて、暗黒メガコーポの一角を牛耳る
    ナツメカンパニーに対する恐怖を繰り返すユックリ=サン。

    その姿はまさに強制混浴で発狂してしまったブンロク=サンめいていた。
    コワイ!((;゚Д゚))

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    >頭部が「P」の形をした変な人(CV:赤羽根健治 or 武内駿輔)

    薄い本(主にギャグ方面)でよく見る光景ですね、わかります(マテ
    そして野沢那智ボイスのPさん。
    PさんLOVEですね、分かりますw

    >「ナツメコワイナツメコワイナツメコワイ…」

    実際、トラウマゲーですからね、仕方ないね♂
    とはいえ、ブッ飛んだシナリオを楽しむという意味では、
    「東方見文録」はなかなかのゲームだと思います。
    やっぱりトラウマゲーでもありますがw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

1 × 1 =