このワザとらしいGジェネ!


MacBook Pro 16インチモデル登場。新キーボード採用で物理Escキーが復活

持ち運びを前提しているのでしょうか?>挨拶

さすがにしていないよなぁ……。
なんせ2kgもあるし
1.7kgのノートPCでも持ち運ぶのは辛いのです……。

ノートPCの稼働率が高かったら、あると便利なのかなぁ……。

Ryzen 9 3950Xの国内販売は11月30日から、11時販売スタート

すぐに完売する予感

Ryzen 9 3900Xもそうでしたし。
こういうご祝儀価格のCPUっていつの時代でも売れるわけで、
お金持っている人は持っているのだなぁと実感します。

今のPCを組んでから4年近く経ちますし、
そろそろ新しいPCをRyzenで組みたいと思案中なのですが、
(自分の身の回りを含めて)現状を踏まえると待ちかなと思ったりします。

いや、本音としては欲しいんですけどねw
流石にコスパが悪すぎるというか、私には過ぎた物というか……。

SDガンダム ジージェネレーション クロスレイズ | バンダイナムコエンターテインメント

体験版をプレイしたので

といっても、「G-UNIT」と「00外伝」、「SEED ASTRAY」だけなのですが。
プレイしていて思ったのは、まぁいつもの「Gジェネ」だなと
そういう意味では安心してプレイすることが出来ました。

その中でも地味に便利なのがSFS(サブフライトシステム)。
「GジェネF」ではSFSでユニット枠が消費されて不便でしたが、
今作ではSFS枠が別枠で用意してあり、
ユニット枠が消費されないのもポイント高し。
もう過去作で採用されていたらどうしよう

その他にもグループ派遣というユニット育成イベントがあったりと、
特定のユニットに偏らないようなシステムがあるのもポイント高し。
これ「スパロボ」のパクリですよね?

そんな感じで地味に進化していて楽しいです。
特に外伝系は詳しくないので、話を知る意味でも面白いです。
製品版、あと2週間で発売かぁ……。


このワザとらしいGジェネ!” に対して1件のコメントがあります。

  1. Sasa より:

    >このワザとらしいGジェネ!

    今回はずいぶんと思い切った作品の取捨選択をしたなぁ…というのが第一印象です。

    …んで、「SEED系が多過ぎね?」というが第二印象だったり。
    なんつーか、半分ぐらい種と種死とそのスピンオフじゃんよ(-_-;)
    もうね、この中に1~2作ぐらい同人作品とかが混じってても
    俺は全然気付けねぇ自信があるぞ!(マテ)

    スピンオフや後付けの外伝作品はガンダムの華ではありますが、
    SEED系はさすがに多すぎるような気がするんですよねぇ…(´ω`)
    ガンバレルダガーやストライクガンダムI.W.S.P.など、
    好きなMSも多いのですが。

    個人的には、本編で既に覚えきれないぐらい多様なMSが出てきた
    「Gレコ」を参戦させて欲しかったなぁ…と思うのですが、どうか。

  2. s-diy より:

    >Sasaさん

    「X」や「∀」、「AGE」や「Gレコ」はDLCで一部対応しているとはいえ、
    結構、思い切った感じですよねぇ……。
    前作の「ジェネシス」は宇宙世紀で「UC」までだったことも考えると。

    >この中に1~2作ぐらい同人作品

    非富野ガンダムは同人(キリッ
    という原理主義者はいねかー!(包丁を持ちつつ)

    >ガンバレルダガーやストライクガンダムI.W.S.P.

    パーフェクトストライクとかもいいですよね。
    どう考えても搭載過多で器用貧乏になるの分かっているのに。
    そういう意味ではウェイトバランスが悪いことを除けば、
    ストライクガンダムI.W.S.P.はバランスが良かったんでしょうねぇ。
    ストライクノワールに繋がりますし。

    >「Gレコ」

    DLC参戦ですが、どこまで再現されるのか分からないんですよねぇ。
    ゲームでも追体験してみたいのですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

2 × one =